大和版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

日台高座友の会の設立に取り組む 橋本 吉宣(よしのぶ)さん 市内深見 橋本電気工事社長 48歳

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena

「日本精神」台湾から学ぶ

 ○…終戦時の大人は今や若くても90代も半ば。当時の10代は80歳をゆうに超える。当時の旧高座郡には海軍工廠があり、日本統治下の台湾から10代の少年約8400人が志願、選抜されて海を渡り、軍属工として戦闘機製造に従事した。帰郷後、戒厳令下の台湾で旧交を温めた諸兄とその家族を迎える「台湾少年工留日75周年歓迎大会」が昨年、大和で催された。席上、次世代を代表して交流の継承を宣言した。

 ○…台湾の親日ぶりは2013年の国際野球大会「WBC」の試合後に象徴される。日本に敗れた台湾チームがマウンドを囲み、スタンドに向け深々と一礼した。「あの姿に鳥肌が立った。震災に寄せられた義援金の規模からも、私たちが学ぶべき台湾の姿を感じた。その基本には私たちが忘れかけている『日本精神』という言葉があることを学んだ」。いま、次世代の交流を名実ともに受け継ぐため「日台高座友の会」の発足に取り組む。

 ○…49期目、自らと同い年の電気工事会社の社長になって10年。父は四半世紀にわたり元台湾少年工との交流に尽力してきた。その父に引き寄せられ、家業も日台交流も地域貢献もその流れを受け継いだ。「何かを言われたことはないんですが、気がついたらそうなっていた」。国や地域などへの主義などを超越し、これからも日台交流をライフワークとしていく。

 ○…妻と愛犬と暮らす。子どもは2人いるが離れて暮らして、久しい。「子どもと一緒なら地域にもっと出ていけたけど」と、住まいのある綾瀬には「申し訳ない気持ちがある」。台湾の青年部組織には実業家も政治家も文化人もいる。相互訪問による交流をさらに深め、いずれは旧高座郡の圏域と台湾側の都市などと姉妹都市交流を実現するのが夢という。

大和版の人物風土記最新6

板鼻 一弘さん

大和市消防本部の消防長に就任した

板鼻 一弘さん

つきみ野在住 57歳

7月3日号

板鼻 一弘さん

大和市消防本部の消防長に就任した

板鼻 一弘さん

つきみ野在住 57歳

6月26日号

橘川 好一さん

相和私立幼稚園協会の会長に就任した

橘川 好一さん

綾瀬市寺尾本町在住 65歳

6月26日号

長井 隆史さん

大和商工会議所青年部の新会長に就任した

長井 隆史さん

代官在住 38歳

6月19日号

井上 貢さん

大和市議会の新しい議長に選出された

井上 貢さん

中央林間在住 49歳

6月12日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

56歳

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク