大和版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

「大和」はもうすぐ誕生日

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
大和誕生100年緑の架け橋
大和誕生100年緑の架け橋

 1891(明治24)年9月28日。当時の内海忠勝県知事の発案により、村名に「大和」の名がついた。市制施行のさらに68年前のことだ。

 町村制が施行された1889(明治22)年、下鶴間、深見、上・下草柳の4つの村が合併、下鶴間と深見から一字を取り「鶴見村」が誕生した。しかし合併直後から、深見、上・下草柳の3部落が、役場の位置や村費の負担等の問題から分村しようとしていた。県は「県治問題中最重要ノ事件」として調停に入る。4部落の地名に無関係な村名をとの要望を受け、「村内ノ和熟ト民福」を願い、「大きな和」=「大和(やまと)」と命名された。

 大和村は1943(昭和18)年に「大和町」に、59(昭和34)年に「大和市」となる。

 1991(平成3)年、「大和誕生100年」を祝い、完成したのが泉の森の「緑の架け橋」だ。

〈参照文献〉大和市史、大和市史研究、大和ものがたり
 

大和版のローカルニュース最新6

大和で育む郷土愛

大和で育む郷土愛 社会

2004年・県人会連合会が発足

7月10日号

綾瀬市長選・古塩氏が再選

市内人口が「減」

令和になって初

市内人口が「減」 社会

7月10日号

次世代の子育て論

コロナ禍に考える

次世代の子育て論 教育

淡路氏が啓発フォーラム

7月10日号

オルセー会初夏展

オルセー会初夏展 文化

今月19日まで

7月10日号

7月も中止大和骨董市

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク