大和版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

新しく大和市倫理法人会の会長に就任した 小高(こだか) 茂之さん 横浜市泉区在住 67歳

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

五つの輪拡げ、大輪の花に

 ○…今期20周年を迎えた大和市倫理法人会の新会長を任じられた。「勉強したい経営者を集めて、形だけでない、『本気の仲間創り』」を目指す。来年開催の東京五輪に準え「仲間、事業、学び、地域、幸福の5つの輪を大きくしたい」とノートに描いた五色の輪に、新会長の決意がにじんだ。

 ○…会は大和市を中心に近隣の綾瀬市、横浜市泉区、瀬谷区の経営者が名を連ねる。倫理の実践と社会貢献活動を通じ、自らの生き方や会社のあり方を学ぶ同会。全国約6万5千社の経営者が加盟するが「もっと認知度を上げていきたい」と意欲的。昨年度、加盟100社を達成し、今年度は120社を目標に掲げる。

 ○…横浜市鶴見区の生まれ。高校を卒業後、今のコスモ石油に就職。32歳の時に脱サラして独立した。「小さい頃から社長になりたいと思っていた」と野心漲る少年時代を振り返る。住宅のメンテナンスやリフォームなどを請け負う事業で独立の夢を叶え、順風満帆だったが、バブル崩壊の波に翻弄され、一時事業を閉鎖。現在は個人事業者として、これまでの経験を活かし、多くの事業を支援している。「県央地区はこれから伸びる場所。少しでも発展に貢献できれば」と新規事業の立ち上げにも力を尽くす。「動けるうちは何かの役に立ちたい」と生涯現役を貫く心づもりだ。

 ○…「何も考えず、ボーっとする」ことで気持ちを切り替える。ミラーレス一眼カメラを片手に街の風景を切り取るのも、そんなひと時だ。「シンプルなやり方で、無になれる」という『靴磨き』も気持ちのオンオフを切り替える儀式の一つ。実は、営業マンや自営業者に手ほどきするほどの腕前だ。「常に靴を綺麗にしておくと、気持ちも磨かれ、マナーも良くなりますよ」としたり顔で諭された。

大和版の人物風土記最新6

濱田 和博さん

アメリカ発祥のラケットスポーツ「ピックルボール」のクラブを設立した

濱田 和博さん

下鶴間在住 69歳

12月4日号

白鳥 永夏(えいか)さん

令和2年度大和市文化芸術顕彰 文化芸術未来賞を受賞した

白鳥 永夏(えいか)さん

中央林間在住 37歳

11月27日号

加藤 貞行さん

NPO法人大和シルフィード・スポーツクラブ理事長の

加藤 貞行さん

下鶴間在住 73歳

11月20日号

金城 まみさん

大和JCの川柳コンテストのポスター原画を描いたチョークアーティストの

金城 まみさん

西鶴間在住 33歳

11月13日号

大多和 亮介さん

大和シルフィード株式会社の社長に就任した

大多和 亮介さん

鎌倉市在住 38歳

11月6日号

柳沼 康二さん

今年度、大和税務署の署長に就任した

柳沼 康二さん

八王子市在住 56歳

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク