大和版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

徒然想(つれづれそう) 連載 261花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena

 今年、五月に元号が「令和」に変わり、十月に即位礼正殿の儀があり、何か今年は例年より早く月日が流れたように思います。一年の最後の月は「空中では種子は生(は)えてこない」です。

 出典はインド、大乗経典『大宝積経(だいほうしゃくきょう)』迦葉品(がしょうぼん)第七十二節です。

 経典では次のように説いています。「カーシャバよ、空中では種子は生えてこない。それと同じように、転変(世の中が移り変わること)のないところで仏法が生長することは、過去にもなかったし、未来にもないだろう」と。

 釋尊は、ものの成り立ちを総合的に、また、総体的に考え、観察します。その為に悟りを得るためには煩悩を除かなければならないというそれまでの修行観を否定し、悟りも煩悩も一つの心の表裏二面の現れだと考えて、煩悩を糧にして悟りを得る方法を喩しています。種子は肥料や水分を含んだところに植えなければ芽を出さないことを教え、菩薩といえども煩悩に満ちた世界のなかで修行してこそ真の悟りを開くことができたと、私たちを教え導いているのです。 桃蹊庵主 合掌
 

大和版のコラム最新6

徒然想  連載282

徒然想 連載282

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月3日号

徒然想  連載281

徒然想 連載281

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月30日号

徒然想  連載280

徒然想 連載280

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月9日号

徒然想  連載279

徒然想 連載279

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月4日号

徒然想  連載278

徒然想 連載278

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月7日号

徒然想  連載277

徒然想 連載277

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月2日号

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook