大和版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

徒然想(つれづれそう) 連載 263花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 2月の暦に立春があるものの、寒さが一年で一番厳しい月です。

 今月は「ふたり枕を並べてねたるに、ひとりは悪夢を見、独りは善夢を見るがごとく、同行同法として一師に同じ法文を習えども、心に随ってその益不同ない」です。

 出典は、鎌倉、覚海(かくかい)『覚海法橋法語(かくかいほうきょうほうご)』。

 意は「二人の人間が枕を並べて寝ているのに、一人は悪夢を見て、他の一人は善夢を見るように、友人といっしょに仏道修行をして、一人の師に同じ教えを習っても、それを受け留める者の心のあり方によっては同じでない」ということです。

 この語録は自問自答の問答の中にある文言で、「同床異夢の喩」と言われています。

 たとえ、同じ環境のもとで一人の師について修行していても、習う者の意識は決して同じでなく、その修行への理解の度合いは互いにまったく異なっているのです。

 よく十人十色と言われますが、いかに同じ事を学ぼうとしようとも、人間はそれぞれの考え方や、その性格によって違ってくるものです。桃蹊庵主 合掌
 

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載273

徒然想 連載273

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月11日号

徒然想  連載272

徒然想 連載272

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月30日号

徒然想  連載271

徒然想 連載271

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月9日号

徒然想(つれづれそう)

徒然想(つれづれそう)

連載 270花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク