大和版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

徒然想(つれづれそう) 連載 266花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena

 緑樹、緑陰の季節となりました。今月は「雲は晴天に在り、水は瓶(びょう)に在り」です。

出典は、中国、唐、

薬山惟儼(やくさんいげん)の言葉、『祖堂集(そどうしゅう)』です。

 薬山惟儼が有名になったときに、朗州(ろうしゅう)の刺史(しし)(州の長官)であった李翺(りこう)は一度会い、都で説法するよう勧めたいと思っていました。しかし、師は山より出てきません。李翺は自ら薬山に会いに行くと、薬山はいつものように経典に目を通しているだけで振り向きもしません。そこで李翺は「見ると聞くとは大違いだ、顔を見るより名を聞いている方がよかった」と言いました。薬山は「李翺さん」とすかさず声を掛け「なぜ耳を貴び目を軽視するのか」と言いました。李翺は非礼をわびて「佛道とはいかなるものか」と聞くと、薬山は手で上と下を指し「理解できますか」と問います。李翺が「わからない」と答えた時に薬山が言ったのが冒頭の言葉です。

 佛道はあなたのそばにあることを具体的に示し、薬山の目指すところは「よぼよぼ、へなへな、へまばかりで、まあなんとか過ごす」ことだと教えています。薬山の生き方は、ただ淡々と、一生を無事に過ごす事、ただそれだけですが、それが私達には難しい。

    桃蹊庵主 合掌
 

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載273

徒然想 連載273

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月11日号

徒然想  連載272

徒然想 連載272

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月30日号

徒然想  連載271

徒然想 連載271

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月9日号

徒然想(つれづれそう)

徒然想(つれづれそう)

連載 270花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク