大和版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

徒然想(つれづれそう) 連載 267花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena

 今月は仲夏になり、野山の緑も濃くなって、すべての風景が夏模様となります。

 今月は「大(おお)よそ修行は、時を知る第一とす。もし時を知らざれば、無益の功徳を費やし、かえって己が道力(どうりき)を損ず」です。

 出典は、江戸、藤嶺円慈(とうれいえんじ)『快馬鞭(かいばべん)』です。

 意は「修行とは、適切な時期を知り、その時々にかなった修行をすることが一番です。それがわからなければ、無駄な努力をすることになり、かえって自分のもっている道力(道を求めようとしている力)を駄目にしてしまう」です。この文言は、悟りに至る禅の修行は、農作業と同様で、その時期に応じて適切にしなければならないと言っています。

 一般に、農業は自然の摂理に従い「春は耕し、夏は雑草を取り、秋は収め、冬は蔵すが如し」と言われます。また肥料や農薬の散布も、適した時期と分量が定められています。いずれも過ぎると、作物への悪影響はまぬがれず、労力すべて無駄になってしまいます。これは、いかなる道にも同様な事が言えるのではないでしょうか。

 世阿弥の「風姿花伝」の「年末稽古条々」は、能楽の修行のあり方を年代別に示したものですが、ここに示された適切な指導は現代の私たちにも当てはまります。

桃蹊庵主 合掌
 

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載273

徒然想 連載273

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月11日号

徒然想  連載272

徒然想 連載272

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月30日号

徒然想  連載271

徒然想 連載271

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月9日号

徒然想(つれづれそう)

徒然想(つれづれそう)

連載 270花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク