大和版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

徒然想 連載271 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 十月は、筌(ふせご)に因りて魚を求め、魚を得て筌を忘る。言に因りて意を求め、意を得て言を忘る、です。

 出典は、中国、唐、大通神秀(だいつうじんしゅう)撰、「観心(かんじん)論(ろん)」。

 意は、伏籠(ふせご)を使って魚を獲ろうとし、魚が手に入ったなら、もはや伏籠の事は忘れる。そのように言葉によって意味を尋ね、ひとたび意味を理解したならば、もはや言葉に左右されないということです。

 現代を生きる私達の日常生活は、目的と手段の織りなす綾のようです。目的を果たすためには手段がなければならず、手段があってこそ目的も達成されます。ですが、手段はあくまでも手段であって、目的そのものではない。ところが、時々目的と手段とを同じものとして扱うことがあります。「月をさす指」や「川を渡る舟」などの喩えがあります。月をさす、や川を渡ることが目的であって、その目的が達成されたなら、手段としての指や舟は捨て去ってもよいのです。

 仏教には、一口に八万四千の法門、五千余巻の経典と言われています。古来より数多の多彩な教え、数多の経文が伝えられています。この示す真意が正しく伝えられ、私達の生活に生かされたなら、それらの経文も無用の長物となるはずですが、そうならないのが現実です。

    桃蹊庵主 合掌

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載273

徒然想 連載273

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月11日号

徒然想  連載272

徒然想 連載272

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月30日号

徒然想  連載271

徒然想 連載271

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月9日号

徒然想(つれづれそう)

徒然想(つれづれそう)

連載 270花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク