大和版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

徒然想 連載277 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 今月は室町の名僧、一休宗純(いっきゅうそうじゅん)の歌、「今日ほめて 明日悪くいう 人の口 なくも笑うも 嘘の世の中」です。

 「トンチの一休さん」として有名ですが、この一休の「頓智(とんち)ばなし」は、すべて後世のつくり話です。しかし、数々の「頓智ばなし」が現代まで伝わっていなければ、一般の人々にこれほど親しみ深い禅僧にはならなかったと思います。

 師が当時の一般の人々のために、禅の教えを読み込んで作られた「道歌」が六百首以上あると伝えられています。

 人に親切にし、あれこれと世話をし、その人から感謝の言葉やお礼がないと、少しでもいいからお礼の言葉だけでもほしいと思う。

 そこで師は教える。見返りを求めるような親切は本物の親切ではない、そういう事を期待してはいけないと。人から「うれしかった、ありがとう」と言ってもらいたい、と自分勝手に考えるようでは、まだまだなのです。

 今日は人からほめられたのに、明日はダメな人と貶(けな)される。他人の口、世間の評判は、善くても悪くても、だいたい真実ではなく、正しい評価でもない。

 師は歌に託して説きます。他人の評価ばかり気にしていると、迷っていて前に進めない人生になる、と。

桃蹊庵主 合掌
 

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載277

徒然想 連載277

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月2日号

徒然想  連載276

徒然想 連載276

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月12日号

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載273

徒然想 連載273

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月11日号

徒然想  連載272

徒然想 連載272

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter