大和版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

徒然想 連載278 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

 生命力あふれる今月は、万物が躍動する季節です。花々も次から次へと華やかな開花リレーを見せます。

 今月は、一休の「露と消え まぼろしと消ゆ 稲妻の 影のごとくに 身は思うべし」です。

 師が三十一文字に仏の教えを歌った道歌のひとつです。朝露が朝日が出ると同時にはらはらと落ちてゆく、これと同じように儚く消えてしまう人間の命、稲妻のピカッと輝いて、その瞬間に消えてしまう光のように、あっという間の人間の儚い命、ああ、うっかりしていると今日にも明日にも突然に死んでしまうかもしれない自分の命、と思った時に、いま自分が人間として生きている、いや、生かされている尊い命に自然に感謝の心が湧いてきます。その命の不思議さに驚かされます。

 死を恐れることよりも、難値難偶人間として生まれてきた縁を心より感謝したくなる、と、この歌は教えています。

 生きているというより、生かされているこの命、この事をしっかり自分で意識した時に、生命の価値が大きく変わります。無理せずに自分らしく、少しでも役に立つ事があれば、行動していきたいと思う日々です。いただいた命ですから。

    桃蹊庵主 合掌
 

大和版のコラム最新6

徒然想  連載279

徒然想 連載279

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月4日号

徒然想  連載278

徒然想 連載278

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月7日号

徒然想  連載277

徒然想 連載277

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月2日号

徒然想  連載276

徒然想 連載276

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月12日号

徒然想  連載275

徒然想 連載275

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月5日号

徒然想  連載274

徒然想 連載274

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter