神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2021年10月22日 エリアトップへ

安田物産 老舗酒造と地元農家を救う 給食に日本酒原料の酒米使用

社会

公開:2021年10月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
試作の真っ最中
試作の真っ最中

コロナ影響廃棄も検討

 大和市内の幼稚園・保育園を始め、横浜市の中学校などに給食を提供する株式会社安田物産(本社・深見西、安田幹仁代表取締役社長)が、コロナ禍で余剰となった日本酒の原料である酒米を使用したメニューを提供している。

 使用する酒米は海老名市で160年の歴史を持つ泉橋酒造株式会社(橋場友一代表取締役社長)及び同社が連携している地元農家が生産した酒米(山田錦、楽風舞、こしひかり)約15トン。既に55%に精米したもので、一升瓶に直すと約1万9000本分に相当する。

 泉橋酒造によると、コロナ禍のような状況は過去に例がなく、「酒の風味のことを考えると廃棄せざるを得ない」状況だという。泉橋酒造は「酒米の減産は農家の減収につながるのに加え、一度減産した後に再度増産することは極めて困難」と考え、地元農家の事業継続のためにも、と安田物産に協力を要請した。

 要請を受けた安田物産では「酒造りの灯を消さないためにも」と7月上旬、創業65周年を記念して取引先などへ寄贈するための純米吟醸酒を250本製造。その後、給食などでの大量使用の検討に入った。同社では、毎月30トンの白米を使用しているが、酒米は初めて。米粒が小さく、通常の白飯としての使用は難しい反面、吸水性がよい、雑味がない、消化が良いなどの特性があることから、弁当給食を提供している幼稚園に100カ所で9月に2度、通常の米にブレンドして炊飯して提供(1日最大約1万700食)。また横浜市教育委員会の承諾を得て、10月11日から横浜市内の14校で、白米の代わりとしての使用がスタート(1日約2000食)。さらに給食委託をする104カ所の保育園にも理解を求め、月に1度酒米を使用した給食やおやつ提供を予定(1日あたり最大約1万2500食)している。

 安田物産では保育園での提供に先立ち、栄養衛生管理グループの社員が主体となり、ライスピザやおやき、おやつに出すドーナツやおはぎなどを試作。安田社長は「コロナ収束後、催事などが再開されれば一般の方への提供も検討していきたい」と話している。

酒米で作ったケーキやドーナツ、おはぎ
酒米で作ったケーキやドーナツ、おはぎ
55%まで磨いた海老名産コシヒカリ
55%まで磨いた海老名産コシヒカリ

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

演奏やダンスを披露

演奏やダンスを披露

泉の森で4月29日

4月17日

春のフリマ出店者募集

春のフリマ出店者募集

4月22日まで

4月15日

19日朝9時から

19日朝9時から

深見直売所

4月13日

23人が決意新たに

23人が決意新たに

大和商議所で合同入社式

4月12日

硬式空手で県3位

硬式空手で県3位

誠志会館から2選手

4月12日

台湾地震で募金箱設置

台湾地震で募金箱設置

市内に13カ所

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook