大和版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

桜ヶ丘親和会自治会の会長で「道守サポーターズ」登録に尽力した 若園 茂雄さん 上和田在住 75歳

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

気配り上手なアイデアマン

 ○…神奈川県が管理する道路の整備ボランティア「道守サポーターズ」に市内の自治会で初めて登録した。きっかけは”コロナ禍”。対面のコミュニケーションが取れない中、自治会内で配布した希望・要望シートの声に即応した結果だ。登録から約3カ月で植え込みは綺麗に整備され、自治会員の新たな憩いとやりがいの場が生まれた。「笹の根が凄くて何度もやめようと思いましけどね」と夏場の苦労を楽し気に振り返った。

 ○…横須賀生まれの横浜育ち。国鉄に勤めていた父が上和田に家を建て18歳で大和に。就職、結婚で青梅に居を構えた後、十数年前に父の家を建て直し再び大和に移り住んだ。現役時代は自ら「企業戦士」と呼ぶほどで地域に目を向けることは少なく、自治会でも当初の立場は「『若園さんの奥さん』の旦那さん」。自治会活動はご多分に漏れずリタイアしてから。3年前に会長職を打診され、のめりこんだ。

 ○…「気が付いたらやらないと気が済まない」性格。「道守」の他にも、回覧板に触れたくない人のためにLINEを活用した「新回覧板」をスタート。古紙の持ち去りを防ぐため自治会で事前回収するなど、様々な対策を実行。「(会長は)やることが早い」と一緒に活動する自治会メンバーも舌を巻く。そんなアイデアマンも世代交代が悩みの種。「新しいことを初めても引き継いでくれる人がいないと。ただ現役時分は難しい」と理解できるだけに悩まし気。若い人を引き入れるため、Zoomを使った打ち合わせなども検討している。

 ○…57歳でロードバイク、58歳でマラソンを始め、61歳の時にはサロマ湖100Kmマラソンを完走した。「何でも挑戦するのが好きなだけ。自慢話したら止まらないよ」と悪戯っぽく笑った。

大和版の人物風土記最新6

副島 孔太さん

大和を拠点に活動する硬式野球「BBCスカイホークス」の監督を務める

副島 孔太さん

47歳

1月21日号

板倉 達史さん

やまとオレンジプロジェクトの新代表を務める

板倉 達史さん

大和東在住 33歳

1月14日号

奥山 晃太さん

2022やまと成人式で実行委員長を務める

奥山 晃太さん

上和田在住 20歳

1月7日号

屋比久 盛友さん

一般社団法人大和青年会議所2022年度理事長に就任した

屋比久 盛友さん

南林間在住 39歳

1月1日号

佐々木 倫子(みちこ)さん

日本語教育の研究者で文化庁長官表彰を受けた

佐々木 倫子(みちこ)さん

中央林間在住 77歳

12月24日号

高橋 清さん

相模大塚北自治会会長で永年の功労に対する総務大臣表彰を受賞した

高橋 清さん

桜森在住 80歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook