大和版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

徒然想 連載290 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 今月は、春は花さき、秋は菓(このみ)なる、夏は暖(あたた)かに、冬は冷たし。時のしからしむに有ずや、です。

 出典は鎌倉、日蓮著『報恩抄(ほうおんじょう)』。

 意は、春には花が咲きみだれ、秋には果実が実り、夏は暑く、冬は寒い。これらはすべて時の移り変わりによるものではないか、ということです。

 「報恩抄」は、師が出家得道の恩師「道善房(どうぜんぼう)」追悼の為に著した書物で、冒頭の文言はその一節です。

 時の流れは人間の行為などを超えて一瞬もとどまることなく移り過ぎていく。誰が教えた理由(わけ)ではないが、春がめぐれば花が咲き、秋には果実が実り、夏には猛暑となり、冬には雪が降り寒くなる。四季折々の風物を織りなして自然は変わりゆく。

 このような季節の訪れのように、佛は私たちの側(そば)に寄り添い慈悲の手を差しのべているのですと、師は説く。

 佛の慈悲はいっそう深く私たち人間の全身を包みこんでくれるとも教え、私たちが気づくと気づかざることにかかわらず、佛はいつも人々と共にあり、その心の変化に応じて、救いの手を差しのべていると、諭(さと)している。

   桃蹊庵主 合掌

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載292

徒然想 連載292

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月1日号

徒然想  連載291

徒然想 連載291

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月3日号

徒然想  連載290

徒然想 連載290

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月29日号

徒然想  連載289

徒然想 連載289

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月1日号

徒然想  連載288

徒然想 連載288

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月4日号

徒然想  連載287

徒然想 連載287

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月4日号

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook