大和版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める 亦部(またべ) 隆子さん 林間在住 70歳

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena

笑顔の日本文化継承人

 ○…ひな祭りや端午の節句をはじめ、四季折々の風物詩や花々など日本の伝統文化を折り紙で表現する。現在会員は23人。新型コロナ感染拡大の影響でここ2年はあまり活動できていないが「自宅で少しの時間で一人でもできるのが折り紙。作品を見て一人でも多くの人が喜んでくれたら」と、やまとボランティアセンターや地域の高齢者施設などを中心に、季節ごとの作品を飾る展示は欠かさない。

 ○…折り紙を本格的に始めたのは25年ほど前。勉強を教えていた友人の子どもを励ましたいと一輪のチューリップを本を見ながら折り、プレゼントしたのがきっかけだ。その楽しさに魅了され、同年すぐに会を設立した。「平面の紙を何回か折っていくことで、命が吹き込まれ一つの作品となるのが折り紙の魅力」と紹介する。

 ○…コンサート会場まで出かけられない人のために、プロの音楽家を病院などにボランティア派遣する活動も行う。「協力していただける音楽家の方には本当に感謝する」と話すが、20年以上続けるこの活動は、今では入居者や入院患者の何よりの楽しみの一つとなっている。「入居して良かったと喜んでくれる人までいる。そうした笑顔を見ると開催して良かったなと思う」

 ○…「折り紙は認知症の予防にも良い」と地域の高齢者施設、学校、病院などを訪れ指導する。中でも小学生を対象に実施する夏休みの折り紙教室では、約1mの恐竜を製作。毎回定員がすぐに埋まるほどの人気講座だ。ここ2年は中止になっていたが今夏は感染対策を徹底しながら行う予定だ。「1年生から6年生までいるので、折り目を事前に作っておくなど準備が大変だが、会員が手伝ってくれるので助かる」と話した。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

阿比留 亜佐美さん

「ハートリボン」代表として若年性乳がん経験者に向けたイベントを企画、情報を発信する

阿比留 亜佐美さん

草柳在住 33歳

7月1日号

林 篤志さん

このたび自著「台湾少年工」を出版した

林 篤志さん

中央林間在住 27歳

6月24日号

下郡山 永一さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会県央東支部の支部長に就任した

下郡山 永一さん

58歳

6月17日号

坂本 貴一郎さん

ミスターグローバル2021日本代表として世界大会に出場した

坂本 貴一郎さん

鶴間在住 28歳

6月3日号

中村 一夫さん

第62代大和市議会議長に選出された

中村 一夫さん

代官在住 56歳

5月27日号

佐藤 宏拓穣(ひろし)さん

全国教職員剣道大会で県代表として副将を務める

佐藤 宏拓穣(ひろし)さん

柏木学園高等学校教諭 47歳

5月20日号

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook