神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年1月5日 エリアトップへ

徒然想 連載310 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

公開:2024年1月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

 明けましておめでとうございます。

 今年最初の月は慈徳(じとく)の高々(こうこう)たるは簣(き)の功に非ず、平寛(へいかん)と孤峻(こしゅん)、そこにありです。

 出典は室町代、夢窓疎石(むそうそせき)、偈頌(げじゅ)。

 意は、それは少しずつ積み上げていくようなものではなく、元より限りなく高い慈愛と徳があり、穏やかさと気高い峻厳さを兼ね備えている、ということです。

 これは、夢窓疎石が将軍足利尊氏に「仁山(にんざん)」という道号(僧名)を与えた時、尊氏を讃えた偈頌(詩)の前半部分です。疎石は後に「乱に因りて徳(おも)いを書す」と題する、尊氏を批判した偈頌も書いているが、ここでの賛辞は同一人物を詠んだものとは思えないほどの褒めようです。

 「簣」とは、土を運ぶための竹籠のような物で、「簣の功」とは、少しずつ土を積み上げるような弛(たゆ)まぬ努力をして培うことを言うのでしょう。つまり、尊氏の慈徳の高さは天性のものだというのです。

 後半に「この峰は衆人の仰ぐことを望まざれど、ただこれ衆人この峰を仰ぐ」と詠っている。

 建武の中興の功高く、この当時の人々の尊敬と信頼が集まっていた状況がよく理解できる。

桃蹊庵主 合掌

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載313

徒然想 連載313

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月5日

徒然想  連載312

徒然想 連載312

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月1日

徒然想  連載311

徒然想 連載311

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月16日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月5日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日

徒然想  連載309

徒然想 連載309

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook