神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年2月16日 エリアトップへ

徒然想 連載311 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

 この月は、寒明けがあり、立春が月初めにありますが、寒気は一年中で最も厳しい。

 本月は、栴檀(せんだん)の林に入って一枝も攀(よ)じず。崑崙山(こんろんざん)に陟(のぼ)って片玉(かたぎょく)をも取らざるがごとし、です。

 出典は平安代、『勧心略要集(かんじんりゃくようしゅう』源信著(不明)。

 意は、香しい香木である栴檀の林に入りながら木に登り、枝を取ろうとすらしない。宝玉が無尽蔵だという崑崙山へ登りながら、その一かけらも拾ってこようとしない。絶好のチャンスを逃している、ということです。

 人間として生まれ仏法に出合うチャンスを得た者が、いたずらに欲などに惑わされ空しく人生を送り、仏法を自分のものとせず、苦しみの多い世界に生きてはならないという戒めのことばです。

 香しい香木の林に入れば、一枝でもその香木を手折ってこようとするでしょうし、また宝玉を取って帰ってくることでしょう。

 私達は人間として生まれたことに感謝し、その上で佛の教えに今遭っているのです。しかし、そのことに気が付かずに仏法を身につけない法があるのかと、師は私達に分かり易い喩えで教えているのです。

桃蹊庵主 合掌

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載313

徒然想 連載313

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月5日

徒然想  連載312

徒然想 連載312

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月1日

徒然想  連載311

徒然想 連載311

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月16日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月5日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日

徒然想  連載309

徒然想 連載309

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook