神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

昨年50周年を迎えた「宮下神輿会」の会長を務める 板庇(いたびさし) 一郎さん 深見在住 61歳

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

地元のため全力投球で

 ○…「ちょっと醤油を借りてくる」ような隣近所の付き合いも今は昔。希薄化が懸念されて久しい住民相互のつながり。だが、一人暮らし世帯の増加や災害時に必要な「共助」を考えれば、地域の連帯は欠かせない。「神輿会を盛り上げつつ、住民同士の交流も活発にできれば」とこのほど、餅つき大会を宮下神輿会の主催で初めて行った。多くの老若男女が笑顔で参加し「次はバーベキューなども」とすでに先を見据えている。

 ○…生まれも育ちも深見。小学生のころは深見ドラゴンズ(当時)の1期生として白球を追いながら、父が初代会長を務めた神輿会にも参加した。中学・高校でも野球部に所属した。高校1年夏の県大会ではエースが負傷し代わりに登板。「2試合を投げ勝ったのは良い思い出だよ」と懐かしむ。高校卒業後は、横浜市の水道局に勤務し、定年退職までの42年間にわたり勤め上げた。

 ○…昨年から神輿会の第3代会長に就任した。舵取り役としてまず着手したのは会員の増強だった。「約30人の会員のうち神輿を担げる人は半分ほど。神輿の良さを知ってもらい、次の世代を担ってくれる仲間を増やしたい」と意気込んでいる。今年9月には深見神社の例大祭があり、神輿の渡御が予定されている。「会員でなくても担いでみてほしい」と、広く参加を呼びかける。

 ○…会長のほか、宮下自治会や深見地区体育振興会の副会長を務めるなど、忙しくも充実した毎日を送っている。その原動力は、地元愛だろう。「生まれ育った深見のためにできることがあれば」と、まだまだ汗をかくつもりだ。一方で、「健康に注意しながら少しでも長く趣味のゴルフも楽しみたい」と笑った。定年を迎え、第二の人生も全力投球を貫く。

大和版の人物風土記最新6

渡辺 真梨美さん

さがみ生活クラブ生協大和コモンズの運営委員長を務める

渡辺 真梨美さん

深見在住 39歳

5月17日

森田 仁志さん

大和警察署の第57代署長を務める

森田 仁志さん

中央在勤 58歳

5月10日

樋口 邦彦さん

このほど小田急線大和駅の駅長に就任した

樋口 邦彦さん

大和南在勤 51歳

5月3日

古谷田 文隆さん

4月19日に地域の歴史を伝えるイベント「わにわにサロン」でゲストを務めた

古谷田 文隆さん

上草柳在住 81歳

4月26日

甲斐 茂男さん

小品盆栽愛好会の会長を務め、このほど「小品盆栽展」を開いた

甲斐 茂男さん

中央林間在住 82歳

4月19日

加藤 和也さん

4月1日付で大和市消防本部の消防長に着任した

加藤 和也さん

深見西在勤 59歳

4月12日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook