神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

(PR)

人生100年時代を元気に 物忘れが気になったら たなかクリニック

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

 「人生100年時代」と呼ばれる昨今では、認知症との付き合い方にも関心が高まっている。

 認知症サポート医として豊かな経験と知識を持つ「たなかクリニック」の田中千彦院長は、大和市や近隣市の認知症患者、その家族の相談に対応している。「同じ質問を繰り返したり、同じ買い物が重なったり、同じ話を何度も聞く、物盗られの訴えが聞かれるなどは、認知症を疑う症状です」と警鐘を鳴らし、専門医の受診を推奨する。

 田中院長は大和市が主催する認知症サポーター育成や多職種協働研修の講師を務め、市の認知症初期集中支援チームを長年けん引してきた。また、地域包括支援センター運営協議会の会長を務め、大和市内の地域包括支援センターに深くかかわり、介護保険認定審査会の合議体長として、介護保険制度にも精通している。さらに神奈川県から連携型の認知症疾患医療センターに指定されており、今後も「より質の高い診断・治療を志します」と話す。

予約なしでも認知症診断を

 両親のアルツハイマー病を治療し、看取った経験をもつ田中院長。早期発見のためにも「来院当日に診察と頭部CTを行い、その場で認知症を診断します。治療法、介護申請、家族の対応の仕方など、一緒に考えましょう」と話している。

たなかクリニック

神奈川県大和市桜森3-7-18

TEL:046-200-3322

https://www.zutsuu-tanaka.jp/

大和版のピックアップ(PR)最新6

ドクダミ(十薬)

金城院長の徒然話「先生おしえて」㊵

ドクダミ(十薬)

6月14日

不動産の「直接買取」強化中!

不動産の「直接買取」強化中!

神奈中不動産センター

6月7日

1周年キャンペーン 

補聴器特別価格で販売 新規相談者にはプレゼント進呈 7月6日まで

1周年キャンペーン 

6月7日

テレビで活動紹介

南林間地区たすけあい協議会

テレビで活動紹介

ジェイコムが6月1日

5月31日

気になる「しわ」の対策を

額や眉間、目尻や目の下… 医療レポート

気になる「しわ」の対策を

取材協力/森皮フ科クリニック

5月31日

こどもタウンニュースやまと

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook