海老名版 掲載号:2012年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

上郷在住松尾喬之さん 五行に紡ぐ詩の世界 あす20日から文化会館で個展

社会

初の個展を開く松尾さん
初の個展を開く松尾さん

 風邪による高熱が原因で5歳の時に両耳の聴力を失った松尾喬之さん(上郷在住・70)が、五行という制限の中で自身の思いを表現した「五行詩」を紹介する個展「五行の詩(うた)まつお・たかし展」を開く。あす20日(土)から24日(水)までで、会場は海老名市文化会館3階の多目的室。時間は午前10時から午後4時。入場無料。

書き下ろし25編含む35作品

 小学生のころから詩を書き始めた。以後50年にわたり年に1編のペースで思いを綴ってきたが、定年を迎え、新たな挑戦を模索。出会ったのが「五行詩」だった。

 「小説は膨大な文字量が必要であり、俳句や短歌はセンスがなく、自分には不向きと感じていた。五行の詩なら、童心のままを表現できるのでは」。当時をそう振り返る。

 作品は少年時代の思い出から、20歳のころ日本中を巡った経験、さらに現在までの長い人生の中で見てきたことや、感じたことを独特の言葉やリズムに乗せて表現するのが特長。「言葉の並べ替えはゲームと一緒。上手くはまるとうれしい」と五行詩の魅力を話す。

 新たなスタートから10年が経ち、古希を迎えた今年2月、青春時代を過ごした都内のろう学校が閉校になることを知った。これをひとつの節目と考え、これまで書きためた作品の中から64編を収録した詩集「歩いてきた道遠い道」を刊行した。

「障がい者偏見への反骨心」

 「聴覚障がい者は文章力が弱いという偏見がある。決してそんなことはないということを知って欲しい」。詩集の制作には世間の偏見への強い対抗心があった。

「多くの人に知ってほしい」

 完成した詩集は市内の小・中学校や図書館に寄贈したが図書館では「郷土資料扱い」となった。そのため、貸出ができず自身の思いを綴った詩集が人の目に触れる機会が少ないことを知り、「もっと多くの人に五行詩の存在を知ってもらいたい」と個展の開催を決意。今回の個展では詩集から10編と新たに書き下ろした25編を紹介する。

 「高齢者や障がい者を元気づけたい。是非多くの人に足を運んでいただき、詩の感想を聞かせて欲しい」と話している。
 

展示される35作品の中のひとつ
展示される35作品の中のひとつ

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク