海老名版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

「世界らん展日本大賞2014」で中央農業高校を奨励賞に導いたリーダー 笠原 健瑚さん 中央農業高校3年 18歳

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

NO自然、NOライフ

 ○…3年前、「生物を学びたい」と農業高校へと進路を決めた好青年は大きな進歩を続けている。地域貢献のコサージュ教室や絶滅危惧種「カザグルマ」や愛川町の「杜仲茶」の研究など、自らの足で見て回った経験をかけがえのない知識として、さまざまな舞台で披露している。「世界らん展日本大賞」では、構想、構成から図面の設計、デザインなど14人の仲間をまとめ、3年連続3度目の奨励賞へと導いた。

 ○…椅子に腰をかけると棒が入っているかように背筋をビシッと伸ばし、目を真っ直ぐ向けて質問に応える。「らん展」で使用した資料を机に並べ、丁寧に説明を始めた。花の位置、道具の位置などを記した図面はまるで建築図面のように出来上がっている。「定規で書くのは得意ですが、円とかそういったのは苦手ですね」と資料に手を添え再び説明を続ける。

 ○…とにかく自然と体を動かすことが大好き。席に座って授業を受けるよりも作業があることも同校を選んだ理由のひとつだった。趣味は晴れた休日のサイクリング。一度家を出ると2、3時間、自転車で出掛けることもしばしば。「道端に生えている花や木、なによりも太陽を浴びるのが良いですね」。海に潜る「ダイビング」も趣味のひとつ。両親がインストラクターということもあり、小学生のときに資格を取得。魚と戯れることはもちろん、波の音、海の中から見上げる水面に感動を受けるような感性を持つ。「自分の部屋のカレンダーは世界自然遺産になってます」

 ○…1時間30分をかけて学校に通う。中学生のときに同校にある県内唯一のバイオテクノロジーの体験実習が心の琴線に触れて「学ぶ」という高い志を持った。実習や講演などで同じ志を持った人と接するさまざまな舞台が、ダイヤモンドが磨かれるように磨かれているのだろう。卒業はまもなく。今春4月から新たな舞台へと旅立つ。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

吉間 哲矢さん

学習と自然体験ができる新しい形の塾「やおき塾」を営む

吉間 哲矢さん

座間市ひばりが丘在住 37歳

3月13日号

小南(こみなみ) 永二さん

消防団協力事業所に認定された株式会社コナンの社長を務める

小南(こみなみ) 永二さん

海老名市国分在住 47歳

3月6日号

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク