海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

県いちご品評会 海老名産イチゴが最高位 市内農家の澤地さんと武井さん

経済

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
県の品評会でトップに選ばれた澤地さん(左)と武井さん
県の品評会でトップに選ばれた澤地さん(左)と武井さん

 「かながわの名産100選」に認定され、共販出荷量県下一を誇る”海老名産イチゴ”。先日開催された「平成30年度神奈川県いちご品評会」では、澤地正典さんが「立毛の部」で農林水産大臣賞、武井哲也さんが「果実の部」で県知事賞を受賞し、いずれも今年のトップに輝いた。

 県いちご組合連合会が主催するこの品評会は、農家の生産意欲や栽培技術の向上、品質改善を促進し、「県内のイチゴ」の振興を図ることを目的として毎年開催されているもの。各農園に赴いた審査員が収量や管理体制、育成状況を基準に評価する「立毛の部」と、イチゴの大きさや色艶・姿形などが審査基準となる「果実の部」がある。

 澤地さんのイチゴ栽培は、独自の土作りを用い、出荷を早めるために、促成処理の一つ”低温暗黒処理”をしているのが特徴。一方、武井さんは昔ながらの農法に加え、ICT(情報通信技術)を用いての環境制御等を融合させたハイブリット型の栽培方法を行っている。

 他の市内イチゴ農家も両部門で賞を受賞した。成績は以下の通り。

■立毛の部・特選/澤地さん、武井さん、柳下正行さん・入選/遊作英夫さん■果実の部・特別賞/武井さん、宮嵜隆雄さん、澤地正さん、橋本順一さん、遊作英夫さん、清田基治さん

 市内農家が生産しているイチゴの品種は「とちおとめ」と「紅ほっぺ」で、販売はJAさがみグリーンセンター(大谷246・【電話】046・234・0080)や、海老名駅前農産物直売所(中央1の1105の4・【電話】046・234・5310)、各農家の直売所などでも行われている。

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

ようこそ綾瀬へ

ベトナム技能実習生

ようこそ綾瀬へ 社会

市、商工会、企業が全面支援

1月22日号

各地で出動減

2020救急件数

各地で出動減 社会

年明けからコロナ搬送急増

1月22日号

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク