海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

武井いちご園 国際コンテストに挑戦 「”海老名いちご”を三ツ星に」

経済

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
「深い味が引き出せた」と武井さん
「深い味が引き出せた」と武井さん

 「武井いちご園」(本郷5130・武井哲也代表)が、同園で栽培している”海老名いちご”を、ベルギーで4月に開催される国際味覚審査機構(iTQi)のコンテストに出品する。武井代表は「海老名のイチゴは先日も”かながわブランド”に認められるなど、評価が上がってきている。これまで以上に付加価値をつけて、広く知られるように挑戦していきたい」と意気込む。

 国際味覚審査機構は、世界中の食品や飲料品の味を審査・表彰する機関で、ヨーロッパの権威ある調理師協会や国際ソムリエ協会の会員らが審査を担当。食品の優劣を競うものでなく、長所に焦点を当てて香りや食感、味覚などの基準で評価する。総合評点70点以上の食品は、点数に応じて3段階の星の数で表すことから「食品のミシュランガイド」とも言われているものだ。

 武井さんは昭和初期からイチゴ栽培を始めた「武井いちご園」の3代目。代々受け継いできた栽培技術に加え、近年ではICT(情報通信技術)を導入し、これまで以上に生育環境の整備を徹底した。これが功を奏し、甘さだけでなく、酸味や渋み等のイチゴ(とちおとめ)本来の「深い味」を出せるようになり、県の品評会では農林水産大臣賞や県知事賞なども受賞。また、普段から様々な品種のイチゴを食べている事もあり、「どこにも負けない美味しさがある」と自信を覗かせる。

 コンテストへの課題となるのは「輸送方法」。出品の多くは加工食品であり、生鮮食品は少ない。解決策として最新の特殊なナノバブルを使い、鮮度を保ったまま空輸で現地に届ける予定だという。

 武井さんは「量よりも質にこだわり、『海老名のいちご』という誇りを持って、家族で協力をしながら栽培・出荷している。今回のコンテストも出品するからには自信を持っているし、最高位となる”三ツ星”を獲りにいきたい」と抱負を語る。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

減少傾向続く

家庭系可燃ごみ4-12月期搬入量

減少傾向続く 社会

資源物の混ざり、大きな課題に

1月21日号

新品種で農水省局長賞

県いちご品評会

新品種で農水省局長賞 社会

中河内の橋本順一さん

1月21日号

「共創」の一年に

座間市年頭会見

「共創」の一年に 社会

日産など6者の協定でスタート

1月14日号

後継店誘致支援に意欲

綾瀬市

後継店誘致支援に意欲 経済

相鉄ローゼン閉店で、市長表明

1月14日号

3市とも開催へ

2022年成人式

3市とも開催へ 社会

感染症対策のため中学校別に

1月7日号

全国大会で優勝

綾瀬西高校

全国大会で優勝 スポーツ

今年結成の同級生チーム

1月7日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook