海老名版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

ラグビーW杯応援、市内のラグビー通を紹介 高校ラグビー名門校出身の同級生

スポーツ

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

 アジア初開催となる「ラグビーW杯2019」が、日本で9月20日(金)から開会する。夏季五輪とサッカーW杯と並ぶ”世界三大スポーツイベント”を応援しようと、日本の初戦の相手・ロシア代表チームの公認キャンプ地になっている海老名市とともに、本紙ではラグビー機運を盛り上げるため、高校ラグビーの全国大会”花園”を経験した同級生2人に話を聞いた。

 27年前、県下屈指の名門校「相模台工業高校」で共にプレーし、神奈川県代表として花園でベスト16入りに貢献したのが、市内中央にある飲食店「焼肉ドン」の代表を務める清水豊通さんと、社家のスポーツジム「スマイルスポーツコンディショニング」の代表・佐藤拓也さんだ。

人生とリンクできる

 清水さんは、184cmの長身を生かし、地上戦だけでなく空中戦でも相手と競り合うポジション”ロック”を務めた。小学校はソフトボール、中学校は野球と、ラグビー未経験ではあったが、中学顧問の薦めで同校に進学。高校では恵まれた体格と運動センスから素質を見出され、メキメキと上達していった。

 大学でもラグビー部に入部したが「将来はお店をやりたい」という考えもあり、2年時に自らプレイングマネージャーを志望。練習試合の対戦チームからボール購入まで、様々な「渉外係」として、チームを支える役割をこなした。

 卒業後は大手飲料メーカーに勤めた後、両親が営んでいた飲食店「焼肉ドン」で家業を手伝い、一昨年から代表になった。店内にはラグビー関係のサイン色紙が多数飾られているほか、W杯を前に機運を高めようと、ボールを利用者に触ってもらうなど、興味・関心へつなげる、様々な工夫を凝らしている。

 「たまに格闘技のようなスポーツと間違えられるけれど、あくまで球技。ボールを前に進めるために、あらゆる戦略や戦術を駆使してチーム全員で協力していくのが見どころ。そうした意味では”人生に似ているスポーツ”です」と話す。

皆が平等で正々堂々

 一方の佐藤さんは、激しいぶつかり合い”スクラム”やラインアウトでの投げ入れ等、セットプレーのキーマンとなるポジション”フッカー”の役割を果たした。パワーと器用さに加え、俊足を生かしたプレーでチームに貢献した。

 佐藤さんも清水さんと同様に高校まではラグビー未経験者。小・中学時代はサッカーでその身体能力を活かしたが、大人気学園ドラマ「スクールウォーズ」などの影響で”高校では必ずラグビー”と決め、名門校へ。高校卒業後も大学で続け、関東1部リーグへの昇格、社会人でも実業団(ヤクルト)でプレーするなど、隆盛を極めた。

 しかし、腰痛を理由に引退。同時に会社も退職し、スポーツに携わる仕事をしようと、専門学校に通い、資格を取得した後にスポーツ施設で従事。6年前に独立し、パーソナルジムを開業した。ダイエットからスポーツ選手の身体メンテナンスまで、経験を活かし仕事に取り組んでいる。また本業とは別にラグビーの普及活動を展開。タグラグビー教室運営など、今後も企画を検討している。

 「ラグビーは全てにおいて公平なスポーツ。誰が相手でも正々堂々と勝負ができる。ぜひW杯で魅力を知ってほしい」と願いを込める。

清水 豊通さん焼肉ドン 代表
清水 豊通さん焼肉ドン 代表
佐藤 拓也さんスマイルスポーツコンディショニング 代表
佐藤 拓也さんスマイルスポーツコンディショニング 代表

海老名版のローカルニュース最新6

ハロウィンフェスタ

ハロウィンフェスタ 社会

10月27日 中央公園で

10月18日号

国分寺台でお祭り

国分寺台でお祭り 文化

10月25日から27日まで

10月18日号

市民文化祭、3日まで

市民文化祭、3日まで 文化

総勢78団体が披露

10月18日号

「インフルエンザ」最新情報

「インフルエンザ」最新情報 社会

10月29日 (火) 桜木町で講演会

10月18日号

500円で片付け講座

市民から質問を募集

海老名JC

市民から質問を募集 政治

公開討論会に向けて

10月11日号

氏家氏が出馬表明

市長選

氏家氏が出馬表明 政治

現職内野氏との一騎打ちか

10月11日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

厚木駅近くで「鉄道展」

厚木駅近くで「鉄道展」

10月19日と20日

10月19日~10月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク