海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

石工としての功績が評価され、文化庁長官表彰を受賞する 會澤 敏夫さん 座間市ひばりが丘在住 72歳

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena

技術を次世代へつなぐ

 ○…武家時代の象徴ともいえる城の石垣、とりわけ文化財に指定されている石垣の伝統技術を次世代に継承する文化財石垣保存技術協議会(兵庫県姫路市)で、2008年から役員を務めてきた。石工としての技量、実績はもとより、2016年から副会長を務める活動が国から評価された。手掛けた城の石垣は全国9カ所にのぼる。「石垣を守るために奮闘したみんなの賞」と、14日に文科省で行われる表彰式にのぞむ。

 ○…茨城県出身。石工の祖父と叔父の背中を見て職人を目指した。22歳で上京、文化財を手掛ける石材会社に就職し見習いの石工として道を歩み始めた。下働きとして初めて参加したのは皇居のお堀だった。先人たちの技術に目を奪われ、石工としての技術習得にいっそう没頭するようになった。県内では小田原城の石垣改修もてがけた。「石に問いかけながら成長した」という。

 ○…今年11月、東京都大田区から座間市に移住した。肺を患い入院したことがきっかけで、座間には娘夫婦がいた。会社には今も籍を置くが、第一線からは退いた。今は妻と二人で過ごす。「現役の時は単身赴任が長かった。この歳になるまで家族とゆっくり過ごす時間が少なかった。今はとても新鮮な気持ち。まるで新しい人生が始まったみたいだ」と笑う。

 ○…毎日1時間の散歩が日課。座間にはまだまだ「土地勘がない」が、地域で見つけたカフェや公園など毎日の発見を妻と楽しんでいる。自分の時間が増え、これからを考えるようにもなった。「まずは妻と2人の時間を大切にしたい。それから後進の育成。若い職人たちに自分の磨いてきた技術を全部残していきたい」。50年の石工人生で身に付けた確かな伝統技術を次世代につなぐ。

葵会館家族葬365日24H受付

安心して旅立てるプランを思いのままに 生花祭壇プラン38.5万(税込)~

https://www.aoiebina.com/

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

寛ぎの1日1組貸し切り家族葬式場「ゆかりえ」

https://www.fujimishikiten.co.jp/

牛乳食パン専門店みるく

富士山麓の牧場で搾乳された牛乳100%を仕込水として使用した食パンです

https://tokyo-milk.jp/news/%E6%B5%B7%E8%80%81%E5%90%8D%E5%BA%97/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

青木 なさ美さん

座間録音奉仕グループ「泉の会」で40年以上活動し、研修担当も務める

青木 なさ美さん

座間市座間在住 78歳

5月20日号

原田 浩子さん

「発達障がい」の子をもつ親のお話会を主催する

原田 浩子さん

綾瀬市寺尾中在住 53歳

5月13日号

組田 龍司さん

B-Max Racing Teamを率いる

組田 龍司さん

綾瀬市深谷中勤務 55歳

5月6日号

養田 秀一さん

座間市庁舎の食堂「みんなのやまちゃん」を経営する

養田 秀一さん

座間市広野台在住 53歳

4月29日号

河鍋 勇二さん

座間警察署署長に就任した

河鍋 勇二さん

座間市入谷西在勤 58歳

4月22日号

大滝 愛子さん

4月1日付で道志会老人ホームの施設長に就任した

大滝 愛子さん

早川城山勤務 44歳

4月15日号

綾瀬スマートIC近く

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook