座間版 掲載号:2018年8月10日号 エリアトップへ

市役所勤務田中正行さん 「親は指導者でなく理解者」 息子2人をプロ野球界へ

スポーツ

掲載号:2018年8月10日号

  • LINE
  • hatena
左から次男の洋平さん、正行さん、広輔さん、俊太さん=田中さん提供
左から次男の洋平さん、正行さん、広輔さん、俊太さん=田中さん提供

 座間市役所に勤務する田中正行さん(58)は、広島東洋カープ・田中広輔内野手(29)、読売ジャイアンツ・田中俊太内野手(24)の父親。息子2人をプロ野球の世界へと送り込むにあたり、どのような指導・教育をしていたのかを聞いた。

◇ ◇

 田中さんがコーチを務める相模ボーイズに2人とも小学生の頃から所属。だが、田中さんが力を入れたのは、技術指導より生活面での教育だった。「いくら野球が上手くても、人としての生活ができなければプロにはなれない」。5人姉弟で両親共働きだった田中家。子どもたちで当番表を作り、家事を分担。「もしサボったら、試合に連れて行かなかった」と振り返る。

 田中さんにはある信念があった。「親は指導者になってはいけない。子どもにとっての応援団長、一番の理解者でないと」。息子が監督やコーチに叱られた時は、「家に帰ってから絶対に上塗りはしなかった」という。「子どもはプレーしていれば上手くなるんですから」。笑顔でそう語った。

◇ ◇

 兄の広輔さんは昨季、1番・ショートでフル出場し盗塁王と最高出塁率、ベストナインを獲得。今年もカープの切り込み隊長として快進撃を支える。田中さんに時折ラインで子どもの写真を送ってくれるという。

 弟の俊太さんは一年目ながら一軍で60試合以上出場。レギュラー獲得へ向け日々奮闘する。プロの世界での二人の活躍に、「親があーだこーだ言ってもしょうがないでしょう」。これからも温かく見守る。

座間版のローカルニュース最新6

相武台前でちょい呑み

相武台前でちょい呑み 文化

2月5日、6日の2日間

1月31日号

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク