厚木版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

防災倉庫が完成 物流地区の拠点に

社会

完成間近の防災備蓄倉庫
完成間近の防災備蓄倉庫

 厚木市が荻野運動公園敷地内に現在建設中の防災備蓄倉庫が4月1日、運用を開始する。

 この防災倉庫は、緑地が多い同公園の敷地を生かし、災害時に市の広域避難場所、指定避難場所として一時避難する市民の応急対策用として建設した。これまでコンテナ型の倉庫だったが、主に食糧品や生活必需品など必要な防災備蓄品を完備し、将来的には、市内北部の拠点にすることが狙い。拠点型の防災倉庫は、市内に11つある。

 正式名称は「荻野運動公園防災備蓄倉庫」で、敷地面積は300平方メートル。鉄骨造で地上1階建て。運用開始に向けて、約7万食の食糧やテントなどを他の防災倉庫から運び込み、新たに購入する物資もあるという。

 市危機管理課は「地域の南に防災倉庫が集中していたので、備蓄を分担することで万一の備えをより強化していきたい」と話した。

 同倉庫は、2011年度の地域防災計画の見直しにより、約4000万円の予算で完成した。 
 

厚木版のローカルニュース最新6件

学校法人白山学園 小鮎幼稚園

創立44年。徳育・体育・知恵をはぐくみます。小鮎小となり

http://www.hakusangakuen.jp

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丹精こめたバラ咲き誇る

丹精こめたバラ咲き誇る

日本フルハーフで観賞会

5月20日~5月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク