厚木版 掲載号:2014年1月31日号

かたことNOTE

▽本厚木駅南口の景色が変わってしまいそうだ。シンボルにもなっていた大きな2本のケヤキの木がまさに「抜歯」寸前状態。たまたま見た光景に言葉が出なかった。▽ここ数年来、「南口に北口のようなにぎわいを」と国際大道芸の日に合わせてあさひ公園まつりが開催され、クリスマスシーズンにはケヤキの木の周囲がイルミネーションで飾られるのも定着してきたところだ。当の旭町界隈の皆さんの思いは如何ばかりか―。四季の移ろいを感じるのも樹木。あのケヤキは南口がデザインされた時には大切な要素だったのではないかと思う。▽街の景観が話題になっている。足柄平野にある自治体は富士山が見える景観を殊のほか大切なものとし、街づくりを進めようとしている。かつて厚木市都市計画課が主催した街づくり勉強会で、講師が「街に訪れる人、商店街を歩く人、店に入る人、その店で買い物する人、の割合が商店の売上げに繋がる」と説いていた。そして「人が来たくなる街にはゆったりとした気持ちになるような工夫も必要。たとえば、商店街の中にベンチを置くのもいい」だったと記憶している。今の厚木の街中にベンチを置くなんて夢のまた夢、程遠い。▽街づくりに必要なのは、その場しのぎではないビジョンと知恵と工夫、市民のこころを大切にする愛だろう。「ケヤキを退かすしか方法はなかったの?」と独り言してみたくなった…。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のコラム最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク