厚木版 掲載号:2014年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

「どろんこポスター」完成 石井さんと子どもが協力

完成したポスターを指さす石井さん
完成したポスターを指さす石井さん
 南毛利南地区の名物イベントに定着した「どろんこバレーボール大会in南毛利南大会」を6月1日(日)に控え、愛甲在住の造形作家・石井正樹さん(45)が、愛甲小など地元の子どもたち15人と協力し、ポスターを制作した。

 これは、毎年1000人以上の見物客が訪れる同大会を盛り上げようと、愛甲公民館が石井さんに依頼したもの。今年で6回目となる大会には、60チーム、約400人が参加する。

 ポスターは、2人の子どもが田んぼの中でどろんこバレーを楽しそうにやっている様子をシンプルに描いている。また、背景には、大山と南毛利南地区の豊かな自然が、一面の花畑とともに表現された。

 制作したのは今月18日。事前に石井さんが構想を練って、下書きにしたものを同公民館へ応募があった子ども15人と力を合わせて完成させた。ポスターは水性ペンキを使用。サイズは、縦2・68m、横2・28mの大作に仕上がった。

 制作中は、楽しい雰囲気の中で行われ、子どもたちを指導する石井さんが、率先して「描きたい、描きたい」という子どもたちのパワーに圧倒されたという。

 ポスターの制作を終え、石井さんは「自然の中で、どろんこバレーを楽しんでいる光景が描けたらいいなと思いました。空や雲、子どもたちの肌の色など、ペンキを調合し、中間色を出すことに苦労しました」と振り返る。

 完成したポスターは、現在同公民館入り口の柱部分に掲げられ、大会当日改めて参加者全員にお披露目される予定だ。

 地元・愛甲で生まれ育った石井さん。東海大学・教養学部芸術学科を卒業後は、幼稚園で絵画の指導にあたり、その後は看板制作に3年ほど携わった。1999年に実家の坊中で絵画教室を始め、約4年前に現在の場所にアトリエを移した。現在は造形絵画教室「アトリエM」を主宰し、絵画や紙工作など幅広いジャンルで指導にあたっている。

 大工の父の背中を見て育った石井さんは、子どものころからプラモデルが好きで、粘土で怪獣を作ったこともあったという。既製品を買うのではなく、全部一から自分で作っていくのが石井さんのスタイルだ。

 石井さんは障子紙や画用紙で羽毛や翼を再現したペーパーアートでオオタカや恐竜などを制作し、受賞歴も多数。また、市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」の鎌倉武将バージョンをデザインしたほか、同公民館の擁壁に愛甲地区ゆかりの鎌倉武将・愛甲三郎季隆を描くなど、地域にも積極的に貢献してきた。

 ”巨大どろんこバレー”ポスターが注目を集めそうだ。

厚木版のトップニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク