厚木版 掲載号:2015年5月29日号

本厚木駅

公衆トイレがリニューアル 社会

中央改札口

バリアフリーにも対応している
バリアフリーにも対応している
 小田急線本厚木駅構内中央改札口にある公衆トイレがこのほどリニューアル、供用が開始された。トイレは、改札内南側(下りホーム側)階段付近から改札内正面に移転。今回の改修の目的は、同駅の耐震補強工事に伴うもの。

 トイレが移転した場所には、もともとそば屋とおにぎり店があった。仕様は、以前のトイレよりも男性女性ともに、車いすや子ども連れが利用できる「簡易多機能付」や「多目的トイレ」を備え、バリアフリーにも対応した充実した設備に変更がなされた。女性トイレにはパウダー室もある。

 工事はTOTO(株)が行い、総費用は約1億円。小田急電鉄(株)は、「今後も皆さまに気持ちよくトイレを利用して頂けたらと思います」とコメントした。

厚木版のローカルニュース最新6件

「人と人のつながり大切に」

02年以来のW杯出場

女子ラグビー日本代表

02年以来のW杯出場

1月20日号

423人のハーモニー響く

本殿修繕後初の「六夜祭」

注目集まる”あつぎ婚”

親から子へ孫へ、43年

厚木市民朝市2000回の裏側(上)

親から子へ孫へ、43年

1月20日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク