厚木版 掲載号:2015年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

厚木市企業立地条例 コンポー(株)に適用通知 累計件数は43社に

経済

通知書を小林市長(右)から受け取った歳原社長
通知書を小林市長(右)から受け取った歳原社長
 厚木市は2015年度分の企業立地条例適用企業1社を決定し、8月21日に段ボール製造業のコンポー(株)(市内上依知)へ決定通知書を手渡した。10年前に前身の条例が制定されて以降、適用件数は累計43社61件、企業の市内総投下資本額は約1210億円となった。

 コンポー(株)は1961年、日吉梱包株式会社として設立。1964年に厚木工場を新設。現在の社名となったのち、1978年には工場を厚木に統合。以降は厚木を本社としている。

 条例の適用対象となったのは、同社が今年1月に建設した段ボール工場にあたる本社第二加工棟。都市ガスを利用した冷暖房や、太陽光パネルなどが配備されている。同社には固定資産税等の5年間軽減(5分の1課税)と、約3500万円の企業立地奨励金が交付される。同社の投下資本額は約3億5千万円。

 交付に当たっては、厚木市企業等の立地促進等に関する審査会(野田幹雄会長)が現地訪問などを行い、交付適用の可否を審査した。

 市役所本庁舎で行われた交付式には、同社からは歳原博幸代表取締役が出席、小林常良厚木市長から通知書を受け取った。小林市長は「企業誘致の政策は、市でも一番力を入れているもの。コンポーさんは内陸工業団地ができてから長い間厚木のものづくりを支えている企業。今後とも頑張っていただければと思います」と述べた。審査会の野田会長は「市内での事業拡大に向けた新たな投資ということで、審議会でも高く評価し敬意を表します。今後とも大きく発展をされて、厚木市の発展にも貢献賜りますよう期待しております」とコメントした。

 市産業振興課によれば、今年度は同社の他にも現時点で製造業2社から条例適用の申請がある予定だという。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のトップニュース最新6件

防災に生かす、社会経験

県総合防災センター

防災に生かす、社会経験

2月16日号

後輩に語る“仕事の軌跡”

夢実現の軌跡 書籍化へ

厚木市出身加藤久美子さん

夢実現の軌跡 書籍化へ

2月9日号

ATMに厚木の観光情報

横浜銀行

ATMに厚木の観光情報

2月9日号

テレワークの拠点を整備

プロミティあつぎ内

テレワークの拠点を整備

2月2日号

「飯山の玄関」が完成

中飯山自治会館

「飯山の玄関」が完成

2月2日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク