厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

市民団体が外来カエル駆除 あつぎこどもの森公園

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
アフリカツメガエルの幼生を探す諏訪部さん
アフリカツメガエルの幼生を探す諏訪部さん

 中荻野のあつぎこどもの森公園で公園の企画や運営に携わる市民団体「あつぎこどもの森クラブ 四季の里山紹介プロジェクト(自然PJ)」が7月23日、同園の田んぼとため池で生態系被害防止外来種に指定されているアフリカツメガエルの駆除活動を実施した。

 活動は昨年から同園でツメガエルが観測されていることから、幼生(オタマジャクシ)の繁殖実態を確認することが目的。成体(大人)の捕獲駆除も行った。

 この日は自然PJのメンバーら7人が参加。網を使って水の中をさらいながら水中生物を観察。アフリカツメガエルの幼生は確認できなかったものの、事前に仕掛けていたワナに1匹の幼体(子ども)のツメガエルを捕獲。ホトケドジョウやトンボの幼虫のヤゴ、県の絶滅危惧II類に指定されている藻の仲間「イトモ」を発見した。

 自然PJのメンバーらによると、イトモは県内でも確認が少ない希少種。市内でも見られたが、生息が減少傾向にあった。同園のイトモは鳥などが運んできた可能性があるという。

 自然PJのメンバーで神奈川トンボ調査・保全ネットワークの代表の諏訪部晶さんは「ツメガエルの幼生がいなければ、今生息する個体を駆除すれば生態系の保全は守れる」という。

 自然PJでは秋ごろに再度アフリカツメガエルの駆除を計画しているほか、随時観察活動をしている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

束の間の「白銀」

束の間の「白銀」 社会

関東各地で積雪

1月14日号

昇格戦初戦に勝利

はやぶさイレブン

昇格戦初戦に勝利 スポーツ

次戦は23日に保土ヶ谷で

1月14日号

漂着した「軽石」展示

郷土博物館

漂着した「軽石」展示 文化

友好都市・糸満市が提供

1月14日号

のむらうこさん原画展

のむらうこさん原画展 文化

絵本の素材や道具なども

1月14日号

あなたのそばに「社協」

厚木市社会福祉協議会

あなたのそばに「社協」 社会

会長 山口泉

1月14日号

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して

厚木市自治会連絡協議会

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して 社会

会長 宮田幸紀

1月14日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook