厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

タウントピックス カフェForest開店中 松蔭大シニア卒業生が学内で運営

教育

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena
今春まで「大学生」だった佐伯さん
今春まで「大学生」だった佐伯さん

 人生100歳時代―。「地域に貢献したい」「自身の知識や経験を活かしたい」と起業するシニアが増えている。今春まで「シニア学生」として市内森の里若宮にある松蔭大学に通っていた佐伯洋子さん(67・海老名市在住)は、現在同大学の食堂で喫茶スペースを開いている。9月末のオープンから2カ月半が経ち、大学教職員や学生が集まる”にぎわいの場”になっている。

 同大学は2012年度から県内に住む50歳以上を対象にした「シニア学生」制度を開始。佐伯さんはその一期生8人のひとりだ。

 大学生活を送る3人の娘を「楽しそう」と感じていた佐伯さん。そんな折にシニア学生制度の存在を知り「これだ」と入学。今年3月に観光メディア文化学部を卒業した。だが「これで大学との縁が切れるのが惜しい」と、大学と関われることがないか思案。テナントが入っていなかった学内カフェテリアの2階を利用し、コミュニケーションスペースを設けることを考え付いた。「松蔭大は留学生も多いのですが、あまり交流がありませんでした。先生や学生、留学生が気軽に話せる場所が欲しかった」とその理由を話す。大学との交渉も順調に進み、9月末に「カフェForest」としてオープンした。

 美容師として長年働いていた佐伯さん。「接客は大好き。一度は飲食の仕事をやってみたいなと思っていたんです」と話す。とはいえ美容師時代はスタッフとしての勤務。現在は店舗を持たず訪問美容を行っているが、店舗運営に関しては「全くの素人」状態だった。

 それでも店内内装からティーカップの種類までを自分で決定。学生や教職員の登校率が高い火曜と木曜に絞って営業を始めた。コーヒーや紅茶は市販のマシンを使用。これにお菓子を付けて、1杯100〜200円で提供している。店内に飾られているパッチワークは、同じシニア学生が作成したもの。若い学生もボランティアとして活動を手伝ってくれている。

学外の人も利用可能

 当初は「10人来てくれれば…」と思っていたが、現在は1日平均40人が利用。若い学生から副学長まで、カウンター越しにいつまでも雑談する姿はまさに、世代を超えたコミュニケーションの場となっている。

 訪問美容や大和市教育委員会のボランティアも並行して続けている佐伯さん。「心地よい疲れですよ」と笑顔を見せた。カフェは大学関係者以外も利用可能。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

手作りマスクが好評

障害者就労施設製

手作りマスクが好評 スポーツ

自立支援にも一助

7月10日号

全戸にエコバッグ配布

清川村

全戸にエコバッグ配布 社会

住民と取り組むSDGs

7月10日号

観光支援に1億円

厚木市

観光支援に1億円 社会

8月にクーポンやプレミアム商品券

7月3日号

来館者5万人を達成

あつぎ郷土博物館

来館者5万人を達成 文化

市長「改めて感謝」

7月3日号

又村画伯の作品常設へ

厚木市森林組合

又村画伯の作品常設へ 文化

木と墨のぬくもり溢れるコーナー

6月26日号

新給食センター事業者決定

厚木市

新給食センター事業者決定 教育

22年9月に運用開始

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク