厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

JAあつぎ 夏休みに収穫体験 「食」と「農」を学ぶツアー盛況

教育

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
トマトの収穫を体験する子どもたち(写真提供/JAあつぎ)
トマトの収穫を体験する子どもたち(写真提供/JAあつぎ)

 子どもたちに「食」の大切さや「命」の育みを学んでもらおうと、JAあつぎ(大貫盛雄代表理事組合長)は8月2日と3日の2日間、「夏休み収穫体験ツアー」を開催した。

 この取り組みは、食農教育事業の一環で10回目。今年は管内の小学校4年生から6年生148人が参加し、群馬県を訪問した。

 初日は渋川市にある伊香保グリーン牧場で、バターづくり体験と、牧羊犬が羊の群れを牧柵に追い込むシープドックショーを鑑賞した。2日目は夏野菜や桃の収穫を体験。おいしい野菜の見分け方や、木に実る桃の様子などを学んだ。また、ニジマスのつかみ取りなども経験。学校や学年の枠を超えた交流を深めた。

 ツアーに同行したJAあつぎの高橋康弘常務理事は「次世代を担う子どもたちに向けた食農教育の実践は、JAが担う重要な役割だと考える。ツアーを通じて子どもたちの食と農への興味・関心を引き出し、保護者にも農業やJAに対する理解を深めてもらいたい」などと話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

お米で食農教育

JAあつぎ

お米で食農教育 教育

相川支所で収穫体験

11月20日号

ボール遊びで運動能力アップ

ボール遊びで運動能力アップ スポーツ

今注目の習い事「バルシューレ」

11月20日号

厚木産しめ縄 丹精込め製作中

厚木産しめ縄 丹精込め製作中 文化

厚木市シルバー人材センター

11月20日号

あつぎ踊りに一般も参加

あつぎ踊りに一般も参加 文化

児童も初体験

11月20日号

秋色に染まる飯山

秋色に染まる飯山 社会

29日に猪鍋と鮎のふるまい

11月20日号

学校現場の現状と課題

学校現場の現状と課題 教育

愛川町で総合教育会議

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク