厚木版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

全国白バイ安全運転競技大会バランス走行操縦部門個人の部で優勝した 阿部 嵩さん 第二交通機動隊所属 24歳

日本一の安全ライダー

 ○…数々のふるいにかけられ受かるのは片手ほど、という狭き門の交通機動隊員。大型バイクを体の一部のように駆る。10月に行われた、日本中の白バイ隊員が腕を競う大会で初出場にしてバランス走行操縦部門に満点で日本一に輝いた。白バイ隊員は交通量の多い道路でも円滑な交通の流れを確保しつつ、危険運転の取り締まりを主な任務とする。第二交通機動隊長も「実力者が所轄内にいるのは心強い」とお墨付き。

 ○…箱根町で生まれ育った。箱根駅伝を間近に見て、選手を先導する白バイに憧れた。小学生から続けてきた野球の最後の夏を、厚木北高校で終えると同時に自動二輪免許を取得。卒業して警察官になった。川崎の麻生署に配属され、先輩白バイ隊員に頼み込んで指導を仰いだ。20歳の時、県警察第二交通機動隊に志願。セレクションを受けられるのは1回だけ。プレッシャーもあったが「絶対誰よりも目立ってやる」と燃えていた。

 ○…合否判定は通知されず、年2回の異動時に配属されるのみ。翌年の秋、当直明けに呼び出され、第二交機への異動の内示が下り「眠気も吹っ飛んだ」と今でもうれしそうに話す。晴れて第二交機に配属となり、ひたすら訓練に取り組む特別訓練員、通称『トクレン』に志願。大会出場にあたり土日も自主練にはげみ、整備や雑務などに休みなしで打ち込んで挑んだ。

 ○…小学5年の時、好意を寄せる子に思いを伝えた。両想いだったが幼い2人はギクシャクしただけ。そんな折に転校してしまった。時が経ち3年前、箱根駅伝での先導が決まった際に、親同士が連絡を取り合い再会した。現在、共に暮らす幼馴染の魅力を「小さくて笑顔が可愛い」と照れ笑い。バイクには「暇さえあれば乗っていたい。風を感じて走るのが気持ちいい」と愛を語る。今後は「団体・個人総合優勝の思いを後輩に託し、育成や業務に精を出したい」と前を向く。

厚木版の人物風土記最新6件

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

向島 史朗さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第50代理事長に就任した

向島 史朗さん

1月5日号

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

四肢まひの障がいを持ちながら創作活動を行う

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

12月15日号

相原 千恵子さん

2017年度神奈川県保育賞を受賞した

相原 千恵子さん

12月8日号

和田 烈(いさお)さん

名誉唎酒(ききざけ)師として日本酒の魅力や食文化を伝える

和田 烈(いさお)さん

12月1日号

天野 克子さん

厚木交響楽団でコンサートミストレスを務める

天野 克子さん

11月24日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

眠りを変えて元気に

眠りを変えて元気に

健康講座の参加者募集

1月26日~1月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク