厚木版 掲載号:2017年12月1日号
  • LINE
  • はてぶ

ヨーカドー跡地 半分は分譲マンションに 1階は店舗の見込み

経済

工事が進む跡地=西側から28日撮影
工事が進む跡地=西側から28日撮影
 今年2月に41年の歴史に幕を下ろしたイトーヨーカドー厚木店(市内中町4丁目)。解体工事が進められていた跡地の南西側約半分に、店舗付き分譲マンションの建築が決定した。あす2日には近隣向けの説明会も開催される。

 同地の今後の成り行きについては大きな注目を集めていた。11月21日付で、工事現場に建築計画が掲示され、説明会の案内書が配布されたことからわかった。

 本紙が入手した案内書によると、事業主は大和ハウス工業(株)(東京本店/東京都千代田区)、設計・施工とも駐車場跡地の店舗付き集合住宅の建築も担う(株)長谷工コーポレーション(本社/同港区)が請け負う。

 建設予定が発表されたのは、イトーヨーカドー跡地の南西側約半分の敷地。店舗付き分譲マンションは鉄筋コンクリート(RC)造の高さ59・99m、地上19階建て、住戸数は144戸を予定。店舗は1階部分の約8分の3をテナント契約、もしくは分譲する見込み。工事期間は2018年9月14日から21年3月末が予定されている。

地元からは「スーパーを」の声多く

 近隣に住む主婦(田村町)によると「近所に大型スーパーがないのはとても不便。またできてくれるといいのだけれど」などの声も。また近隣店舗では、イトーヨーカドーが閉店したことで人の流れが変わったことから、別の場所へと移転を決めた店もある。

 あす12月2日(土)には周辺の人々向けの説明会が開催される。プロミティあつぎ8階で午後6時から。

 問合せは長谷工コーポレーション開発推進2部【電話】03・5765・0572へ。

厚木版のトップニュース最新6件

日々の移動 もっと便利に

地域コミュニティ交通

日々の移動 もっと便利に

11月16日号

「やってみたい」が集合

築55年緑ヶ丘団地

「やってみたい」が集合

11月16日号

国内最大の災害訓練施設開所

パフォーマー10組が初登場

市民と振り返る10年

セーフコミュニティ

市民と振り返る10年

11月2日号

地域文化の拠点 40周年

厚木市文化会館

地域文化の拠点 40周年

11月2日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク