厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

横浜銀行 ATMに厚木の観光情報 希望者に施設割引券を発送

経済

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市内への観光客誘致を支援――。横浜銀行(本店・横浜市西区、川村健一代表取締役頭取)がATMを活用した厚木の観光プロモーションを実施している。ATMを利用すると飯山や七沢の温泉旅館の割引券が請求できる仕組み。同行の県内外のすべてのATMに表示される。2月28日(水)まで。

 地方創生の取り組みを推進する横浜銀行が、ATMを活用した観光誘致を厚木市と実施するのは初。これまで県内では伊勢原市、秦野市、山北町が同様の連携を行った実績がある。市観光振興課によると、2016年に同行から申し入れがあり、各方面の調整を経て、市と厚木市観光協会が連携することになったという。

 このプロモーションの仕組みは、横浜銀行で一定の取り引きのある人がATMを利用すると、厚木市内の温泉旅館で使える割引クーポン券の請求ボタンが画面上に表示され、請求ボタンを押すとクーポンと市の観光ガイドが利用者の登録住所に郵送されるというもの。

 クーポンは宿泊時に500円割り引かれる内容で、七沢温泉で6施設(盛楽苑、福元館、七沢荘、中屋旅館、元湯玉川館、玉翠楼)と飯山温泉で3施設(ふるさとの宿、元湯旅館、アツギ・ミュージアム)で利用できる。郵送代は横浜銀行が、割引分は各施設が負担となる。

 市観光振興課の小野間善雄課長は「この機会を通じて厚木の温泉や観光地を知って、訪れていただくきっかけになれば嬉しい」と話した。プロモーション終了後は、横浜銀行から市に実施結果報告も予定されている。

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook