厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

厚木市予算案 一般会計は862億円  過去最大 6年連続でプラス

政治

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市は2月14日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大規模の862億円で、前年度当初比6・7%(54億円)の増。6年連続でプラス予算編成となった。特別会計などを合わせた予算案の総額は、過去2番目の規模の1472億2813万6千円(同1・7%増)。市は22日から始まった市議会に提案する。          (2月21日起稿)

 市は18年度、「地方創生」「地域包括ケア社会」「都市基盤整備」「安心・安全」「2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機としたレガシーの創出」「中心市街地の魅力や利便性の向上」――の6つを、将来を見据えた重点プロジェクトとして位置付ける。

 一般会計歳入の49・8%を占める市税は、429億3581万6千円で、前年度比0・8%(3億5526万6千円)の減。3年に一度の評価替えによる固定資産税の減少が影響する。

 一般会計歳出のうち、投資的経費にあたる普通建設事業費は、前年度比66%(50億9614万5千円)増で、128億1809万1千円。14年ぶりに100億円を超えた。荻野運動公園スポーツ施設リニューアル事業費や本厚木駅南口地区市街地再開発事業費、(仮称)戸室ハイツ(2)建設事業費などに充てる。

 市財政課の担当者は「区画整理や再開発をして企業誘致や定住促進をめざす。将来に向けた投資を積極的に実施するための予算を編成した」と説明する。

 人件費や扶助費、公債の償還や利子の支払いにあたる公債費の義務的経費は、増加傾向にあり411億9921万4千円。人件費と公債費は減少を見込むが、待機児童対策や生活保護費支給増など扶助費が約14億円増加する。

 自治体の貯金にあたる財政調整基金は、18年度末現在高見込みで93億7656万6千円(市民一人当たり4万1524円)。借金にあたる市債は、ピーク時(1999年度)からは152億7600万円減少しているが、534億6214万3千円(同23万6755円)。

246バイパス整備促進へ

 市は18年度、公共用地取得事業特別会計に、9億9500万円を計上する。

 これは246バイパス(厚木秦野道路)の早期整備に向け、国の用地国債先行取得制度を活用し、国が行う用地買収の事業推進に協力するもの。市の予算で一度事業用地を先行取得し、後で国に買い戻してもらう仕組みで、事業のスピードアップをめざす。市によると関東地方の自治体では初めての試み。

 246バイパスは圏央厚木インターチェンジから伊勢原市を経由し、秦野市八沢までの延長29・1Kmの自動車専用道路。1996年に都市計画決定された。市内では2015年度から国の用地買収が行われている。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新人 小島氏が出馬表明

愛川町長選

新人 小島氏が出馬表明 政治

環境、交通、教育に注力

5月20日号

厚商に放送機材寄贈

厚木中RC

厚商に放送機材寄贈 社会

オンライン配信を充実

5月20日号

田中選手に市民功労表彰

厚木市

田中選手に市民功労表彰 スポーツ

北京パラスキーで4位入賞

5月13日号

データサイエンスで勝つ

データサイエンスで勝つ スポーツ

厚高野球部、寄付金で新機材

5月13日号

洪水・土砂・地震を1冊で

厚木市

洪水・土砂・地震を1冊で 社会

新ハザードマップ全戸配布

5月6日号

下長谷に密着、第50号へ

下長谷に密着、第50号へ コミュニティ社会

自治会役員ら取材

5月6日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook