厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

日産自動車 市に電気自動車を貸与 ぼうさいの丘公園で活用

社会

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
厚木市オリジナルの赤いボディ。排気ガスはなく、効率的な利用形態の検証が進められている
厚木市オリジナルの赤いボディ。排気ガスはなく、効率的な利用形態の検証が進められている

 日産自動車株式会社テクニカルセンター(岡津古久)は5月12日、厚木市環境みどり公社へ電気自動車を1台、無償貸与した。これは、市と締結している「グリーンモビリティ・プロジェクト協定」の一環。貸与した車は、ぼうさいの丘公園(温水)で巡回車として活用が始まっている。

 2013年に結ばれた同協定は、日産自動車と市が、環境に優しいまちづくりを推進するために締結。これまでに、小中学生を対象としたエコスクールや、電気自動車を使った、災害時の非常用電源としてのデモンストレーション、介護施設での実証実験などに取り組んできた。

 今回はその一環で、同社が電気自動車の無償貸与を市に打診。市内の環境保全に努める市環境みどり公社が、窓口として貸与を受けることとなった。5月12日には、厚木市緑のまつりで貸与式が行われ、日産自動車R&D総務・企画統括部の黒須隆課長から小林常良市長に車の鍵が手渡された。

てんとう虫がモチーフ

 貸与されたのは電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」。全長2m34cm、全幅1m23cm、全高1m45cmで、2人乗りの小型車両。排気ガスはなく、1回の充電で走れる距離は約100Km、最高速度は約80Km/時になる。

 すでに、同公社が管理するぼうさいの丘公園で、主に巡回車として使用されている。車のデザインは公社スタッフが中心となって考案したオリジナル。園内の草木の緑に映えるようにと、てんとう虫をモチーフに赤を基調としている。貸与を受けた公社の鈴木教公(のりまさ)理事長は、「てんとう虫は世界各地で縁起の良い虫と言われている。ぼうさいの丘公園を走る姿をぜひ見に来てほしい」と話す。

 今後は、同公園で開催されるイベントでの展示も予定されている。日産の担当者は「公園の巡回車、展示に使われるということで、多くの子どもたちに親しみを持ってもらえれば嬉しい」と話す。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

全館にWi-Fi整備

厚木市内公民館

全館にWi-Fi整備 社会

情報収集、利便性が向上

9月17日号

地場小麦でラスク商品化

JAあつぎ

地場小麦でラスク商品化 文化

芳ばしい「薫り」を消費者へ

9月17日号

ペッパー活用し道徳授業

森の里小

ペッパー活用し道徳授業 教育

「何ができるか」考える

9月10日号

キッチンカーで災害支援

イベントフードプロ115合同会社

キッチンカーで災害支援 社会

県と飲食の提供に関する協定

9月10日号

みんなの力で再出発

古民家カフェよってけさん

みんなの力で再出発 社会

支援者集いクラファン準備

9月3日号

ご当地ナンバーを導入

厚木市

ご当地ナンバーを導入 社会

あゆコロちゃんで魅力PR

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook