厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月1日号 エリアトップへ

クマ出没注意 七沢などで目撃情報

社会

掲載号:2018年6月1日号

  • LINE
  • hatena
市ホームページでも注意喚起
市ホームページでも注意喚起

 市内七沢で5月21日と23日、25日にクマの目撃情報があった。

 市農業政策課鳥獣対策係に昼の12時30分頃、匿名の男性から市内七沢大釜弁財天付近で子グマの目撃情報の入電があった。続いて午後1時30分頃、同じ人から七沢の川久保橋付近で再び目撃情報が寄せられた。23日には玉川地区玉川分署東側の畑付近で子グマが、25日には不動尻から三峰山への山道脇の沢でも目撃されている。

 市では警察とともにパトロールをしたが、クマを発見することはできなかった。同課によると「この時季は例年目撃情報が寄せられる。ただ今回は人里に近いので注意が必要」と話す。発見に至らなかったので、現在は様子を見ている状態という。

活発な時季

 神奈川県内では、今年度に入って5月15日の時点で、7件の目撃・錯誤捕獲情報があった。昨年2017年度は64件中、厚木は七沢で1件、16年度は193件中、七沢・飯山・上古沢・岡津古久で15件、15年度は79件中、七沢・飯山・上荻野で4件の目撃情報や錯誤捕獲、捕殺があった。

 県猟友会厚木支部の安藤忠幸支部長によると「クマが活発になる時季で、例年目撃情報が寄せられている。元々クマの生息している場所だが、どんどん人里へと下りてきているのは気になる所。会はいつでも出動できるようにスタンバイしている」と話している。

注意と対策

 丹沢山地に生息しているツキノワグマは40頭前後と推定され、県のレッドデータブック(06)では絶滅危惧種とされている。元来臆病な性格で積極的に人を襲うことはないが、出会い頭など身の危険を感じた場合などは人を攻撃してくることもあるという。

 県では、クマに出会わないために、鈴や笛、ラジオなど音の鳴るものを着用して、人の存在を知らせること推奨している。それでもクマに出会ってしまった際は、「刺激しない」、「逃げると本能的に追いかけてくるため背中を見せて逃げない」、「クマに向き合ったまま動きを見ながらゆっくり後退する事」など、注意を呼びかけている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

冬の番組スタート

プラネタリウム

冬の番組スタート 文化

12月13日号

役場前に交通安全の灯

マスコットキャラ決定

愛甲商工会青年部

マスコットキャラ決定 社会

浅野心絆さん「ビバ課長」

12月13日号

野球部員が裏方を初体験

厚木高校

野球部員が裏方を初体験 スポーツ

少年野球大会を準備・運営

12月13日号

「厚木の花」魅力を知って

市園芸協会花き温室部会

「厚木の花」魅力を知って 社会

厚木小にポット花を寄贈

12月13日号

出展写真を募集

ふるさと愛川写真展

出展写真を募集 文化

12月27日まで

12月13日号

森の里でクリスマス

森の里でクリスマス 文化

21日 若宮公園野外ステージ

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク