厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

キラリ光るママを紹介ー【1】 子育て通じ ママが輝ける場を ママスク本厚木エリアリーダーの太田直美さん

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

 ママも子も自分らしくスクスク生きる―。子育ての中で広がった好奇心を伸ばしたり、ママが学べる場を作りたいとの想いから、2014年に横浜、湘南、東京を中心に発足した「ママスク」。県央エリアのママは、横浜や都内のイベントに子連れで参加するにはハードルが高く、なかなか参加できないとの声に応え昨年10月、太田さんが「ママスク本厚木」を立ち上げた。

 ママスク本厚木は、月に一度の子育てママ交流会をはじめ、七夕やハロウィン、クリスマスなど季節のイベント、小学生の兄姉も一緒に参加できる夏休み特別企画などを実施。7月30日(月)には、ぼうさいの丘公園で「夏本番!親子で水遊び」を企画している。

理想と現実の子育てにギャップ

 自身も、男の子(小2)と女の子(年中)を子育て中。不妊・流産を経て、念願の子育てを始めるも、長男のときは体重が増えない、なかなか歩かないと発達面で悩みを抱えた。「2人目こそは」と、期待を膨らませたが、泣き声が大きく、泣かれることでストレスが溜まってしまったという。次第に自分の怒りをコントロールできなくなり、子どもに暴言を吐いて手をあげることも。「理想としていた“ママがいつも笑顔の育児”どころか、睨みつけるような顔で我が子を見ていたんです」と、自分の姿に愕然とした。

 そんなとき、ISD個性心理学(※)の存在を知り、ファミリー診断を受けた。自分と家族の個性、思考、行動パターンなどを知ることで、イライラの原因が分かり、心が楽になったという。「周りは全て鏡だと教わり、今まで抑えられなかった怒りを自分に向けられるようになった」。

「ママを応援したい」

 その後、自身もISD個性心理学インストラクターの資格を取得し、現在はママカウンセラーとしても活躍している。「妊活中に思い描いていた子育て像とはかけ離れてしまったけど、今が最善だと思う。働く姿を子どもたちに見せることができて良かった」と、まぶしい笑顔が弾けた。

※ISD個性心理学とは、生年月日をもとに性格、思考、行動の統計を分析し個性を研究した統計学

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

安全運転を再確認

安全運転を再確認 社会

中央自校でシルバー講習

1月28日号

暗算検定で一級全種目満点

暗算検定で一級全種目満点 教育

厚木市上依知 森田葵(まもる)さん

1月28日号

青春劇場カラオケ

青春劇場カラオケ 文化

2月5日アミュー

1月28日号

織り姫を募集中

湘南ひらつか七夕まつり

織り姫を募集中 社会

1月31日締切

1月28日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 文化

神奈川新聞の連載書籍化

1月28日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook