厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • はてぶ

高校野球 球児支えるマネージャー 厚木北高校の5人

スポーツ

マネージャーでノッカーを務める江渡さん(左)と村林さん
マネージャーでノッカーを務める江渡さん(左)と村林さん
 幕を開けた第100回全国高校野球選手権。厚木北高校の野球部マネージャーは、白球を追い駆ける球児たちをバックアップするだけでなく、ノックもする。所属する5人全員が野球経験者だ。

*  *

 江渡(えと)ひなたさん(3年)は、より選手に近いマネージャーの、プレーイングマネージャーとして活躍。小学校2年の時に兄の影響で野球を始めた江渡さん。父と兄と一緒に、自主的に早朝練習をするほどのめり込み、中学時代はソフトボール部に所属した。

 高校入学と同時に、野球部に選手として入部した。しかしハードな練習に体が追い付かず、膝を故障してしまった。「できることを」と専用トレーニングに打ち込み何度か復帰を試みたが、やはり痛みは取れず。加賀谷実(まこと)監督と相談し「ずっと野球に関わっていたい」との思いからプレーイングマネージャーとなった。「野球が好き。故障した自分が情けないし、迷惑をかけたみんなに申し訳ない」と葛藤もある。

 現在はマネージャーとして選手をサポートする一方、ノッカーだけでなく守備練習時にはキャッチャーを、バッティング練習時にはトスを上げ、わかる範囲でアドバイスもする。眞鍋武史顧問は「68人と選手の数が多い分、できる子がいるのは助かっている。いなくては成り立たない」と全幅の信頼を寄せる。

 高校卒業後は、スポーツ関連の進路を考えている。そして「いつかまた野球がしたい」

全員が小学校から

 村林優衣さん(2年)はマネージャーとして入部。小学校3年で野球を始め、妻田から町田のチームにも通った野球好き。部では、ノッカーやトスを手伝うこともある。「3年生が最後の夏を笑顔で締めくくれるよう、マネージャーに徹する」。

 今井沙耶さん(3年)は小学4年から、岩田波夏さん(同)は小学2年から、竜崎未羽さん(1年)も小学2年からと、全員が野球経験者。選手からは「野球を何もわからない子よりもやりやすいし、仕事を頼みやすい」と信頼は厚い。

「長い夏に、信じてる」

 江渡さんは最後の夏を前に、「怪我をして迷惑をかけた分、サポートで返したい。他の誰よりも応援したいし、少しでもそばにいたい。みんなを信じてる」と思いを託す。マネージャーたち面々、道具の準備や片づけ、タイム計測など選手のサポートを続けながら、「少しでも長い夏に」との思いで汗を流している。

 北高の夏は16日(月・祝)に、バッティングパレス相石スタジアムひらつかで幕を開ける。

右から岩田さん、村林さん、江渡さん、今井さん、竜崎さん
右から岩田さん、村林さん、江渡さん、今井さん、竜崎さん

厚木版のローカルニュース最新6件

親子ヨガであふれる幸せ

キラリ光るママを紹介

親子ヨガであふれる幸せ

11月16日号

”心に栄養”子育て楽しんで

「知りたい」に応える、声の情報

最優秀賞に柏木さん(睦合中3年)

文化財保護ポスター事業

最優秀賞に柏木さん(睦合中3年)

11月16日号

現在に舞う獅子

現在に舞う獅子

11月16日号

「科学部」厚木で始動

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク