厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

赤い羽根募金「何に使われてるの?」 昨年度の厚木市の募金額は約1585万円

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 「赤い羽根募金にご協力お願いします」と声をかける少年たち。この時期になると、駅前などで見かけるようになる赤い羽根共同募金。これらの募金は実際、どのように使われているのだろうか。募金のしくみを取材した。

 赤い羽根共同募金は1947年、戦後の「国民たすけあい運動」の一環として始まり、今年で72年目を迎えた。現在は、社会福祉法に基づき、地域福祉の推進のために活用されている。毎年10月から12月が募金期間で、事業を行うのは社会福祉法人中央共同募金会。各県に拠点があり、市町村毎に支会を持つ。厚木市では、市社会福祉協議会が事務局を担当している。

 市社協の担当によると、募金を象徴する赤い羽根は、当初はブリキのバッジだったが、コストの問題などから、すぐに羽根へと変更された。アメリカでは赤い羽根が「善い行い・勇気」を表したことから、日本では「たすけあい・思いやり」のシンボルとして使われるようになったという。

使い道は?

 赤い羽根募金は「計画募金」と呼ばれ、事前に寄付を受けたい事業者を募集し、それに応じて目標額が立てられる。その目標を各地区で分担するというしくみだ。今年の厚木市の目標額は1620万円。集まった募金は、県の共同募金会により配分され、地域の福祉活動の財源として使われるほか、各地域の保育所、高齢者施設などに配分される。昨年度、市内で交付を受けたのは9施設。プール整備、内装改修、車両購入などに充てられた。

 昨年度、交付を受けた就労継続支援施設のトライフィールドわーくあーつ(幸町)は、東日本大震災でひびが入った建物の壁、めくれた床などを修繕するため、助成の申請をした。齋藤和子施設長は「建物の老朽化もひどく、交付を受けられてものすごく助かった。NPO法人で収入源が限られるなかで、工事費のような多額の出費に補助を頂けるのはありがたい」と話す。工事費の3分の2を助成で補うことができたという。なお、今年度は8施設への交付が予定されている。

募金額は減少傾向

 厚木市の昨年度の募金額は約1585万円。2017年度は微増したものの近年は減少が続いている。市社協の担当は自治会等の協力で、各世帯ごとに呼び掛ける戸別募金の減少が一因と指摘する。戸別募金は全体の約7割強を占めており、「イベントでの募金など、戸別以外の方法も強化して周知に努めたい」と話す。

わーくあーつの入口にある交付証
わーくあーつの入口にある交付証

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「先生見て!大きい‼」

上依知小

「先生見て!大きい‼」 教育

新農園でサツマイモ掘り

10月29日号

「食べるって楽しい」を学ぼう

【Web限定記事】

「食べるって楽しい」を学ぼう 教育

育児講座の参加者を募集

10月29日号

秋の味覚 親子で収穫

【Web限定記事】JAあつぎ

秋の味覚 親子で収穫 社会

睦合地区でふれあい農園

10月29日号

バラで高齢者に「癒し」を

【Web限定記事】日本フルハーフ株式会社

バラで高齢者に「癒し」を 社会

11施設へフラワーボックス寄贈

10月29日号

消防団が実践訓練

【Web限定記事】愛川町

消防団が実践訓練 社会

緊急走行や放水など

10月29日号

ATGサイレン灯

【Web限定記事】

ATGサイレン灯 社会

10月29日号

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook