厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

赤い羽根募金「何に使われてるの?」 昨年度の厚木市の募金額は約1585万円

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 「赤い羽根募金にご協力お願いします」と声をかける少年たち。この時期になると、駅前などで見かけるようになる赤い羽根共同募金。これらの募金は実際、どのように使われているのだろうか。募金のしくみを取材した。

 赤い羽根共同募金は1947年、戦後の「国民たすけあい運動」の一環として始まり、今年で72年目を迎えた。現在は、社会福祉法に基づき、地域福祉の推進のために活用されている。毎年10月から12月が募金期間で、事業を行うのは社会福祉法人中央共同募金会。各県に拠点があり、市町村毎に支会を持つ。厚木市では、市社会福祉協議会が事務局を担当している。

 市社協の担当によると、募金を象徴する赤い羽根は、当初はブリキのバッジだったが、コストの問題などから、すぐに羽根へと変更された。アメリカでは赤い羽根が「善い行い・勇気」を表したことから、日本では「たすけあい・思いやり」のシンボルとして使われるようになったという。

使い道は?

 赤い羽根募金は「計画募金」と呼ばれ、事前に寄付を受けたい事業者を募集し、それに応じて目標額が立てられる。その目標を各地区で分担するというしくみだ。今年の厚木市の目標額は1620万円。集まった募金は、県の共同募金会により配分され、地域の福祉活動の財源として使われるほか、各地域の保育所、高齢者施設などに配分される。昨年度、市内で交付を受けたのは9施設。プール整備、内装改修、車両購入などに充てられた。

 昨年度、交付を受けた就労継続支援施設のトライフィールドわーくあーつ(幸町)は、東日本大震災でひびが入った建物の壁、めくれた床などを修繕するため、助成の申請をした。齋藤和子施設長は「建物の老朽化もひどく、交付を受けられてものすごく助かった。NPO法人で収入源が限られるなかで、工事費のような多額の出費に補助を頂けるのはありがたい」と話す。工事費の3分の2を助成で補うことができたという。なお、今年度は8施設への交付が予定されている。

募金額は減少傾向

 厚木市の昨年度の募金額は約1585万円。2017年度は微増したものの近年は減少が続いている。市社協の担当は自治会等の協力で、各世帯ごとに呼び掛ける戸別募金の減少が一因と指摘する。戸別募金は全体の約7割強を占めており、「イベントでの募金など、戸別以外の方法も強化して周知に努めたい」と話す。

わーくあーつの入口にある交付証
わーくあーつの入口にある交付証

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

感染症対策踏まえた改革を

感染症対策踏まえた改革を 経済

行革調査委員会が答申

10月23日号

地域で平和を考える

睦合南公民館

地域で平和を考える 社会

40周年事業・映画鑑賞会

10月23日号

第一生命保険と協定

愛川町

第一生命保険と協定 文化

健康増進等で連携

10月23日号

来年の真打昇進が決定

厚木市在住立川志奄(しえん)さん

来年の真打昇進が決定 文化

志らく師匠からは宿題も

10月23日号

5000株のざる菊がお出迎え

四季の自然観察会

四季の自然観察会 社会

参加者を募集

10月23日号

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク