厚木版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

厚木市障害者福祉事業所連絡会の会長として尽力する 伊吾田 弘さん 下川入在住 41歳

「みんなと変わらない」

 ○…市内にある12の小規模障害者施設が連携して活動する同会。今年の4月から会長として任にあたる。「それぞれに成り立ちや運営方針は違うけど、『利用者のために』という方向性は同じ。地域にある障害者の就労などの場としての作業所を多くの方に知ってもらいたい」と話す。会では、障害者や職員の交流会、各作業所が製作する商品の販売会、職員の質の向上をめざす研修会などを企画する。

 ○…障害者福祉に携わるようになったのは、福祉の専門学校を卒業し、市役所の臨時職員として働くようになってから。当時、市が運営していた施設で障害者のサポートをするうちに、この仕事にやりがいを感じた。その後、20代半ばで現在、所長を務める工房小野橋へ。「中学の時に祖父が半身不随になったこと、高校で福祉委員として募金活動や車いす体験などを経験したのが、この道に進んだきっかけかも」と話す。

 ○…埼玉県生まれ。親が転勤族だったこともあり、各地を転々とし、中学1年の時に厚木市に転居した。青春時代は藤塚中、愛川高に通った。子どもの時から数学好き。理由は「答えが出るから」。「仕事でも答えを探したり、証明したくなっちゃう。ほとんど答えはないんですけどね」と微笑む。家族は妻と3人の息子。「休みに子どもとボール遊びするのが、息抜きですね」と頬をゆるめた。

 ○…「障害者も、作業所で素晴しいものを作れるし、仕事もしっかり受けられる。みんなと変わらないというのを知ってほしい」という。そのために、子どもの時から障害者と当たり前にふれあう重要性も説く。「それが利用者の社会参加に繋がる。障害について知ってもらうために、もっと会の存在をアピールしていきたい」。

厚木版の人物風土記最新6件

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

山本 智明さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の創立50周年記念祝賀会の実行委員長を務める

山本 智明さん

1月25日号

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

森屋 知之さん

厚木市古式消防保存会の会長を務め、伝統を受け継ぐ

森屋 知之さん

1月11日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク