厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

戸別収集でごみ減量なるか 市内3地区でモデル事業スタートへ

社会

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市は、5月からごみ減量へ向けた戸別収集を市内3つのモデル地区で試行する。家庭から出るごみの減量、資源化が主な目的で、背景には、ごみの減量化・資源化が進んでいない現状がある。

 「厚木市一般廃棄物処理基本計画」では、2020年度の家庭系ごみの目標減量化率を、02年度比で30%、資源化率を同40%と掲げている。しかし、17年度の減量化率は26・7%、資源化率は33・6%となっている。実際のごみの総排出量は、13年から17年の5年間で約5万5000t〜5万7000tで推移しており、減量・資源化に下げ止まり感があるのが現状だ。

 このような状況を受け、市では「目標達成が厳しい」と判断。減量化、資源化に向けた新たな一手として、戸別収集の試行を決めた。戸別収集で、排出者の責任が明確化され、分別、資源化の意識が高まり、ごみが減量することに期待。「約2〜3%の減量を見込める」と予測をする。

試行は5月から1年間

 実際に戸別収集が行われるのは、地域特性の異なる3地区。戸建て住宅や集合住宅が混在する金田地区、戸建ての多いまつかげ台地区、ごみ集積所までが遠い住宅街の小野地区。期間は5月2日から来年の4月30日までの1年間。対象はもえるごみで、それ以外は従来通り集積所で収集する。1年間でごみの減量化率のほか、ごみ収集車のルートや所要時間など、業務面も調査する。

 現在、市では対象地区の住民に向けて説明会を開催し、事業の周知を行っている。1月29日に玉川公民館で開催された説明会では、「不法に放置されたゴミは回収されるのか」「回収に時間がかかるとカラスが来ないか心配だ」などといった質問や意見が住民から上がった。市の担当者は、不法に放置されたゴミについては「通報があればすぐに回収に行く」、収集時間については、「人員、車を増やし、今より45分程度は回収に時間がかかるが、午前中には回収する」と回答した。

結果次第で「有料化も検討」

 戸別収集の試行結果は、21年度の一般廃棄物処理基本計画策定の参考にするという。市は、戸別収集に一定の成果を見込んでいるものの、「効果はやってみないとわからない」とし、「結果次第では、ごみの有料化についても検討しなくてはならない」という。先に戸別収集、有料化を導入している藤沢市では約10%、大和市では約20%のごみを減らすことができた(厚木市による試算)という。

 市の担当者は「戸別回収で分別意識が高まり、ごみが減量することに期待したい」と話す。

玉川公民館で行われた住民説明会の様子
玉川公民館で行われた住民説明会の様子

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

気持ちをひとつに支援を届けていく

ごちゃまぜフェス

ごちゃまぜフェス 社会

アミューあつぎで15日まで

8月12日号

息ぴったり囃子が復活

地球温暖化の専門家語る

地球温暖化の専門家語る 社会

20日(土) 厚木市文化会館

8月12日号

信念をもって奉仕活動

「ハラスメント対策」を学ぶ

厚木商工会議所・エキスパート情報部会

「ハラスメント対策」を学ぶ 経済

8月26日 午後3時半〜午後5時

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook