厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める 大野 一郎さん 58歳

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

「興味を見つける場所に」

 ○…「多くの人に来てもらいたい。そして、郷土を知って、好きになってもらえたら嬉しい」。昨年3月で閉館した郷土資料館は「目的がないと行かない場所だった」と振り返るが、新しくできた博物館は「目的がなくても来れる場所。用がなくても来てみたら発見がある。そんな場所ができた」とにっこり。「歴史を知らなくても、ピクニックがてらでもいい。来てくれて、博物館との接点を見つけてほしい」と話に熱が入る。

 ○…大学で民俗学を専攻したのが、学芸員のルーツ。学生時代に初めてフィールドワークをした三重県の村で、二重墓制について調査した。「お参りするためのお墓と、埋めるためのお墓。火葬が行われるようになり、それが一つになっていく。そんなのを考えるのが面白くて」。博物館でも担当は民俗学。展示されている相模人形芝居や灯りの道具展示などは、館長の思い入れのあるコーナーの一つだ。

 ○…生まれも育ちも池袋。大学院まで民俗学を学んだが、その道の就職は難しく、一度は組合の広報誌の編集の仕事に就いた。「取材して記事にするというのが、調査して論文にするのと似ていると思って」。そして、その数年後に、厚木市の学芸員募集に応募。念願叶って、98年の郷土資料館の開館から学芸員として勤めている。

 ○…何回でも足を運んでもらえるよう、博物館では一般的な「常設展示」ではなく、「基本展示」という言葉を使っている。「ずっと同じ展示をするのではなく、少しずつ変えて興味を引く内容にしていきたい」という。特に子どもたちには、「勉強でなくていい。興味を見つける場所にしてほしい」と想いを口にする。夫人と社会人の長女、大学生の長男の4人家族。伊勢原市在住。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

井上 允(まこと)さん

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表

井上 允(まこと)さん

厚木市上荻野在住 72歳

3月27日号

葛巻 公司さん

吾妻団地を中心に地域活性に取り組む「ふれ愛・サロン吾妻」の理事長

葛巻 公司さん

厚木市吾妻町在住 61歳

3月20日号

落合 清春さん

フリークリエイターとして多彩な地域貢献活動を行う

落合 清春さん

厚木市宮の里在住 63歳

3月13日号

服部 惠美子さん

全国で地域で幅広く演奏・普及活動を続ける箏奏者

服部 惠美子さん

厚木市愛甲在住 

3月6日号

永里 源気さん

今シーズンから「はやぶさイレブン」でプレーし地域貢献活動にも注力する

永里 源気さん

厚木市鳶尾在住 34歳

2月28日号

岩田 慎平さん

あつぎ郷土博物館開館一周年記念講座で講師を務める

岩田 慎平さん

愛川町田代在住 41歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク