厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

下古沢本照寺 地域に開かれた寺へ 仏教親しむイベント多数

文化

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
汗をかきながらタケノコを掘る親子。市内外から訪れた参加者らが収穫したタケノコは、薪をくべて灰汁を抜き、スープに調理。また焼き芋や焼きマシュマロのほか、花祭りが近い事から甘茶なども楽しんだ
汗をかきながらタケノコを掘る親子。市内外から訪れた参加者らが収穫したタケノコは、薪をくべて灰汁を抜き、スープに調理。また焼き芋や焼きマシュマロのほか、花祭りが近い事から甘茶なども楽しんだ

 市内下古沢の日蓮宗常栄山本照寺(須藤教裕(きょうゆう)住職)では地域に開かれた寺をめざし、寺の資源を活用して仏教に親しむイベントを行っている。息子の貴裕(きゆう)さんも副住職として参加。2代にわたる寺の重要な活動になっており、4月には初となる寺の竹林を利用したタケノコ掘りを実施した。

 同寺の「地域に開かれた寺」をめざした活動は、住職を務める須藤教裕さん(60)が地域住民に、仏教に親しんでもらおうと20年以上前から続く「一泊お山しゅぎょう」をはじめたのがきっかけ。

 毎夏、小中学生を対象に行っている「一泊お山しゅぎょう」は読経やウォークラリーなどを通して、自分のためは人のためにもなる「自利利他」の精神を学ぶなど、仏教に親しむ内容。近年では定員いっぱいになるほどの人気イベントだ。他にも除夜の鐘突きや、境内のライトアップなど、さまざまな「寺に来てもらう」活動を行っている。

親子二代で

 2013年には息子の貴裕さん(34)がコンサルタントから僧侶に転身。16年から副住職として活動を支えている。「住職のやってきたことを広げて、気軽に参加できるイベントなどを通して、より地域に開かれた寺にしていきたい」と貴裕さん。

 また若い視点とコンサルタントの経験を活かして、参加者の声を聴き、低学年向けの「お山しゅぎょうプチ」を企画するなど精力的に活動する。貴裕さんは「お坊さんは死者を弔うイメージが先行しているが、本来仏教には『人々を幸せにする』というミッションがある。身近に感じてくれたらうれしい」と話した。

 4月には、副住職の発案で同寺の竹林を利用したタケノコ掘りを実施。40人超の親子が寺を訪れ親しんだ。同寺では孟宗竹が猛威を振るっており、今までは檀家が手を加えていたがかなりの労力が必要だった。そこで、山林の環境整備に繋がり、参加者も楽しめるタケノコ掘りを副住職が発案。定員を超える希望者が集まり「はじめてで苦労したが、とても楽しかった」などの声があがっていた。貴裕さんは「改良しながら続けていきたい。仏教って面白いものだと知ってもらえたら。今後も親しみやすいイベントを企画している」と話した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

交通安全対策で補正予算

愛川町

交通安全対策で補正予算 社会

カラー舗装など議会提出

6月14日号

22年連続で全国へ

厚木北高ゴルフ部

22年連続で全国へ スポーツ

女子団体が関東8位

6月14日号

事前説明会に33陣営

厚木市議会議員選挙

事前説明会に33陣営 政治

6月30日告示、7月7日投開票

6月7日号

わしず店主が作家デビュー

わしず店主が作家デビュー 文化

HJネット小説大賞を受賞

6月7日号

全国に先駆け愛川で開始

プログラミング教育

全国に先駆け愛川で開始 教育

必修化見据え全小学校で

5月31日号

県優勝で3年連続全国へ

愛甲小ソフトクラブ

県優勝で3年連続全国へ スポーツ

ティーボール大会で好成績

5月31日号

中学校給食でパブコメ

愛川町

中学校給食でパブコメ 教育

「親子方式」計画案を公開

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で探そうカブトムシ

厚木市建設業協会二世会

親子で探そうカブトムシ

7月20日 参加費無料

7月20日~7月20日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク