厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

(PR)

信頼される存在に 松蔭大学看護学部看護学科4年武藤 楓さん

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 看護学部を選んだのは運命的な出来事から。高3の春、小1のときに書いた『10年後の自分へ』という手紙が届いた。そこには「看護師になりたい」と書いてあった。看護師と保育士で迷っていたときに「やっぱり看護師だ」と後押しされた。

 同学部の2期生として入学。まだ実績のない学部だったため不安もあった。「入学してすぐ、一人ひとりに担当の先生がついていて、心配事を相談したり、親身になってくれた」と振り返る。それから前向きな気持ちになり、「4年間勉強して、国家試験合格を目指そう」と気合いを入れた。

 実習での経験が、より看護師を志す礎となった。心不全の患者さんを担当したとき、「なかなか心を開いてもらえなかった」。どうしたら寄り添った看護ができるかを考え、「毎日、必要最低限できることをした」。すると最終日に「『あなたがいないと生活できない』と言ってくれて。信頼関係を築くことができた」。

 目指す看護師像は「患者さんに寄り添い、身近な存在であること」とやさしい笑顔。その表情は希望で満ち溢れている。

松蔭大学

厚木市森の里若宮9-1(森の里学園研究施設内)

TEL:046-247-1511

http://www.shoin-u.ac.jp/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

今は手紙と電話で「思い」を伝えて

専門医にきく【3】

今は手紙と電話で「思い」を伝えて

 3つの密を避けてクラスター(集団)発生の予防を

3月27日号

ドライブスルーでクリーニング

厚南クリーニング

ドライブスルーでクリーニング

「タウンニュース見た」で30%オフ

3月27日号

「負担の少ない腹腔鏡手術」

週末の短期入院治療プランも 医療レポート

「負担の少ない腹腔鏡手術」

取材協力/伊勢原協同病院

3月27日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

3月27日号

「痛みを我慢しないで」

医療レポートNo.24

「痛みを我慢しないで」

取材協力/とうめい厚木クリニック

3月20日号

「心と身体をリフレッシュして持続可能な生活を」

専門医にきく

「心と身体をリフレッシュして持続可能な生活を」

引き続き風邪で病院・診療所に駆け込まない

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク