厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

次代へ紡ぐ夜空の舞台 ファイアート神奈川 和田順さん

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 「ちょうど平成に入った位かな」宙を見上げ、入社当時を振り返る。当時は、手作業での打ち上げから電子制御での打ち上げへの過渡期だった。「危険を伴いとても大変だったが、みんなで一丸となって…楽しかったな」とにっこり。今は電子制御がほとんど。膨大な時間をかけて演出を考える。設営は真夏の一番暑い日中。「花火が上がった時の歓声で、いくらでも立ち直れるね」と頼もしい笑みを浮かべた。

 光の演出を楽しむものは、以前は花火だけだったがイルミネーションやプロジェクションマッピングなども平成に生まれた。「いずれ花火でなくても良い時代がくるかもしれない。次の世代も花火を上げられるようにしていくのが我々の役目。安全第一はもちろん、音やゴミなど環境問題を解決していかなくては」と決意を語る。

 「花火のファンを増やしたい」と、小中学校に職業講話にまわる。「家族や友だちとお祭りで旨いものを食べて、何も考えずに花火を楽しんでくれたらうれしい」。この夏も夜空を彩るのは彼ら、『いよっ“和田屋”』

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

佐藤りえ氏トップ当選

愛川町議選

佐藤りえ氏トップ当選 政治

投票率は43・54%

10月11日号

デイケアを体験しよう

デイケアを体験しよう 社会

10月20日 さつきの里あつぎ

10月11日号

その石が誰かに届く!?

その石が誰かに届く!? 文化

話題の遊び「WAROCK(ワロック)」

10月11日号

インフルで学級閉鎖

JAで強盗訓練

JAで強盗訓練 社会

安全対策などを学ぶ

10月11日号

新看板お目見え

新看板お目見え 経済

厚木商工会議所

10月11日号

朗読の名手 会場を魅了

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

400年前の郷土の歴史を探る

400年前の郷土の歴史を探る

10月27日(日) 荻野運動公園

10月27日~10月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク