厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

不登校児に「学び」の支援 無料塾「ねこの手」小室 善昭さん

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市を中心に、経済的に厳しい家庭の子どもたちに「学びの場所」を提供する無料塾『ねこの手』(毎週日曜日/市保健福祉センター)が開設から2年半を経過した。このほど新たな子どもたちへの支援をめざして『不登校児のための無料家庭教師』を立ち上げる。代表の小室善昭さん(56)=写真上=にこれまでの経過と思いを聞いた。

 無料塾・ねこの手を開設したのは2016年12月。それは子どもの貧困が叫ばれるなか、教育格差を無くしたいという思いからだった。現在は中学生から高校生までの生徒15人ほどに、7〜8人のボランティアと共に勉強を教えている。「徐々に成績も伸び、みんながやる気で笑顔になってくれる」、それが確かなやりがいだ。

 「勉強は楽しい。それを知ってもらえるように心がけています。子どもたちだけではなく、教えている大人たちも勉強になります」と笑顔。

無料家庭教師は地域・社会への接点

 無料塾に来られない子どもたちもいる―。「子どもたちが抱えている問題は経済的問題だけではありません」と小室さんは話す。ねこの手の開設からこれまで、不登校をはじめとした様々な問題の相談を受けた。そんな子どもたちに更なる支援をしたいという思いから「無料家庭教師」の立ち上げを考えた。

 子どもたちにかける熱い思いは、小室さん自身も「不登校」の子どもを持つ親だった経験から。無料家庭教師では、ただ勉強を教えるではなく、親の負担を少しでも減らし、「子どもたちと地域・社会の接点になりたい」と力強く話す。

◆無料家庭教師の対象は小・中学生(高校生は相談)。1カ月(2〜4回)の体験後、保護者との面談で継続などを判断。2、3カ月〜最長6カ月を区切りとして、学校などへの復帰をめざしていくという。対応エリアなどの詳細はHPで。

 現在、利用希望者から相談を受けている。「子どもたちにとってどうやっていくのが良いのかを一緒に探っていきましょう。相談だけでもお気軽に」と話す。

 無料塾・無料家庭教師に関する問合せは小室さん【携帯電話】080・5499・4227まで。

夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、キャンペーン期間は7月31日(水)まで

https://www.daiwa.jp/campaign/1906dnb/

ケアワーカー・保育士募集中

特別養護老人ホームミノワホームと厚木市認可保育園カミヤト凸凹保育園で求人募集

http://www.minowahome.or.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

親子で学ぶ 身を守る「コツ」

親子で学ぶ 身を守る「コツ」 教育

高峰小PTAが教室

7月19日号

「地域に開かれた組合に」

The Interview

「地域に開かれた組合に」 経済

厚木市遊技場組合 小巻嵩典組合長

7月19日号

野外調理やゲーム満喫

野外調理やゲーム満喫 教育

ジュニアリーダーが企画運営

7月19日号

野球を楽しむ

工科大野球教室に小鮎幼稚園が参加

野球を楽しむ スポーツ

7月19日号

伝統を継承し“つながり”を広める

原点に立ち返り奉仕活動

こども大使になろう

こども大使になろう 教育

体験学習の参加者募集

7月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク