厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

半原宮大工の足跡語る 郷土の校舎建造を解説

文化

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
参加者を前に半原宮大工の歴史を語る鈴木さん
参加者を前に半原宮大工の歴史を語る鈴木さん

 愛川町の半原公民館(ラビンプラザ)で6月8日、半原歴史講座「半原尋常高等小学校舎等造営の沿革」が開催された。

 現在の愛川町立半原小学校校舎は鉄筋コンクリート造だが、かつての木造校舎は半原に拠点を置いた半原宮大工の手によって建造された。今も同校敷地内には大正15年に建てられた旧校舎が現存。県内に残る最も古い木造校舎として知られる。

 この日の講座では、半原宮大工矢内匠家14代ひ孫弟子の鈴木光雄さんが講師を務め、町民ら約30人が参加した。

 鈴木さんは、「江戸時代には矢内匠家の宮大工としての腕が認められ、苗字帯刀を許され、江戸城内を歩くことができた。宮大工でここまで許された人はなかなか居なかった」など、半原宮大工の歴史や功績をはじめ、「半原小学校の講堂は残っていないが、講堂で使われたシャンデリアが現存する旧木造校舎に唯一残されている」など、校舎について解説した。

 会場には同校の絵図面や古い大工道具なども並べられ、講演後には鈴木さんが参加者に解説した。

並べられた宮大工の資料
並べられた宮大工の資料

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

スポーツ振興に役立てて

スポーツ振興に役立てて スポーツ

市GG協会が寄付

7月3日号

穢れを払い、無病息災願う

穢れを払い、無病息災願う 文化

大山阿夫利神社

7月3日号

今年の七夕展示は中止

古民家岸邸

今年の七夕展示は中止 文化

邸内の見学は可

7月3日号

「安心・安全・健康」第一に

「安心・安全・健康」第一に 教育

厚木市立南毛利小学校の取り組み

7月3日号

大・小ホール利用再開

大・小ホール利用再開 社会

厚木市文化会館

7月3日号

地下道で写真展

地下道で写真展 社会

フォトグループあゆ

7月3日号

幸せつなぐ 相続勉強会

基礎知識から応用事例まで、相続全般が学べます

https://fsouzoku.jp/seminar/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク